2017年06月05日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

雨の日も充実!おうちアウトドアの提案

日に日に暑くなり日照時間が長くなるこの時期は、海や山など遠出をしたくなりますが、これから天気が安定しない梅雨に入っていきます。せっかくのお出掛けの予定も雨でキャンセルになるとガッカリですね。今回は雨の日でも外出せずに楽しめる「おうちアウトドア」をご紹介します。


おうちアウトドアってどういうこと?

梅雨時は天気が不安定で安心して外出ができないことも多くなります。また、キャンプやアウトドアを楽しみたいけど、遠出するのは何かと不便という方もいらっしゃいます。

そんな時におすすめなのが「おうちアウトドア」。
「おうち」で「アウトドア」って真逆!すごく矛盾していますね。

しかし最近ではベランダでバーベキューを楽しんだり、アウトドアグッズを室内でインテリアとして使っている人も多いんです。自宅でアウトドア気分を楽しめるのが「おうちアウトドア」。

アウトドアが大好きな方はもちろん、興味はあるけどわざわざ外に出掛けるのは億劫だという方にはもってこいですよ!

天井高4.5mの吹き抜けリビングのある平屋 (外からの視線が気にならないインナーテラス)

自然を感じるおうちテラスでアウトドア

きれいな植栽で自然を身近に感じることができるガーデンテラス。テラスにはシェードが設置され、雨や暑い日差しを遮ってくれるので、天気に左右されることなくアウトドア気分を味わえます。家族や友達とテラスでお茶やお食事など楽しみながら、優雅な時間が過ごせそう。

川崎市K邸:リゾート気分満喫!ガーデンテラス (ガーデンテラス3)

インナーテラスで寛ぎのひととき

アクティブに過ごすのもいいですが、風を感じながらゆったり寛ぐのもアウトドアの醍醐味。インナーテラスにハンモックを吊るしたこちらのお宅、スリットから程よく風が通り抜け、ハンモックに揺られながら至福の時間を過ごすことができます。

帆居 hammock house (スリットから抜ける風がハンモックをゆらすデッキテラス)

2階に設けられたインナーテラスは日差しもよく入り、お茶をしたり、ゆっくり読書するなど色々な用途で使えます。半屋外で寛ぎのひとときを過ごすのもいいですね。

南側全て吹抜の家 (いろいろ使える半外部空間インナーバルコニー)

雨の日も晴れの日も!自由に遊べる空間

アウトドアで使う折りたたみチェアや寝具などを、室内家具にしています。家でキャンプ気分を味わえるだけではなく、折りたたんで小さく収納できるアウトドアギアは空間を広く有効に使えるので便利です。

大人の至福URBANOUTDOOR (アーバンアウトドアフィールド)

開放感溢れる2階のリビング、ソファやテーブルといった家具はなく、ハンモックが吊るされラグが敷かれて、まるでピクニックをしているような雰囲気。家具をアウトドアテイストにすることも、おうちアウトドアを楽しむポイントの一つです。

中古戸建てリノベの既成概念を変えるモデルケース (2階リビング2)

まるで風景と一体になったようなお宅。壁の大部分がガラス張りになっているので室内にいても常に自然を感じられ、天気のいい日はテラスでお茶や食事を楽しむことができます。
こちらでは賑やかに遊ぶというよりも、ゆっくりと自然を満喫する大人な時間を過ごしたいですね。

STONE TERRACE (テラスからリビング越しに景色を眺める)

あえてお家で楽しむ外遊び

3階に設置された都心のビル群を見渡せるルーフバルコニー。お天気がいい日はバーベキューをしたりワンちゃんと遊んだり。あえてアウトドアスポットに行く必要もなく、自宅のバルコニーでアウトドアを満喫できます。

理想の立地と理想の間取り。 リノベで憧れの空間を手に入れる! (都心を見渡せる3階屋上)

おうちの中にいながら、アウトドア気分を楽しめる方法はたくさんあります。おうちなら清潔なトイレや冷蔵庫もあるので安心です。これから始まる梅雨、おうちアウトドアで充実した休日を楽しんでみませんか♪

この記事を書いた人

niwatori*さん

かわいいもの、かっこいいものが大好き。
以前はインテリアデザインの仕事をしていました。
結婚をして自分の生活環境が変わり、いかにして使いやすく素敵な空間を作っていくか日々研究中です。

最近お気に入りされた事例写真

  • 2〜3階階段(本棚)
  • エントランス1
  • テラスを見通せるウッディキッチン
  • 洗面
  • 寝室

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…