2015年05月07日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

癒しの庭は地上だけではない!空中庭園で家族の憩いの場をつくろう!

敷地の都合で地表に庭が造れないけど、庭は欲しいと思っている場合は、空中庭園を考えてみませんか? 空中庭園つまり、屋上やテラスなどといった地表から離れた高所に庭園を造るということです。実現するためには、いくつかの対策や設備が必要となりますが、施工前にきちんと専門家の方と相談して計画しておけば問題ありません。是非、素敵な空中庭園を実現して下さい。


少しでも木々や草花が庭にあれば、変わりゆく四季の流れを感じることができます。季節を感じると、不思議と心が豊かになりますよね。ベンチに座って空を眺めながら気分をリフレッシュする時間も楽しみになりますね。

MI邸

リビングから回廊を通って行ける場所に芝生の庭が広がっています。空中庭園の良さは、道路に面していないので、小さな子供達が遊ぶのにも安心だということも理由の一つですね。なかなか芝生のある公園も減ってきているので、身近にこんな自然があることは子供にとって幸せなことですね。

浅草の家―2階にある庭

こちらは、隣に神社の御神木があり、周辺が緑に恵まれているので木は植樹せずに天然芝と季節の花を植えて庭園を造っています。天然芝は夏の遮熱対策としてとても有効な方法です。花壇を見ると季節を感じることができます。次は何を植えようかと考えるのも楽しみの一つですね。

ミドリノイエ -屋上に庭のある家-

こちらは「庭」というより「家庭菜園」メインとなっています。趣味を楽しむことができて、その上安全で新鮮な季節の旬な野菜を食卓に並べることができます。日当たりも良く、野菜の成長も期待できそうです。パラソルを広げて菜園を見ながらちょっとお茶を飲んで休憩する時間さえも楽しくなりそうです。

野菜作りを楽しむ屋上

こちらは、夜はライトアップして楽しむこともできるように設備をしています。芝生に飛び石の様にタイルを配置してとてもお洒落な雰囲気の庭となっています。プライバシーを保護する為にウッドフェンスで囲っています。水道の設備もあるので、水やりにも便利ですね。

ウッドフェンスでプライバシーを確保した屋上庭園

こちらは、1階の庭にあるシンボルツリーのヤマモミジが2階のバルコニーを突き抜けています。空中に土があることが気になる方はこういった方法で自然を取り込むのも良いのではないでしょうか。2階でも自然を身近に感じながら食事やティータイムを楽しむことができます。

ふたつの木の家

こちらはプライバシーの保護の為にグリーンを網のフェンスに巻いています。グリーンをフェンスに巻くことでテラスに影もでき、夏は遮熱効果に。鮮やかなグリーンと空のブルーのコントラストも素敵です。

豊島園リフォーム


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング2
  • リビングダイニング1
  • 居間から玄関口方向を見る
  • 柱を利用したキッチン収納
  • 外観(撮影:布施貴彦)

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問