2018/04/28更新0like1351viewゼロリノベ

太り体質にも効果?深い眠りへ誘うハンモックのある暮らし

ハンモックってちょっと憧れたりしませんか?リラックスできて、南国のビーチのようで、ゆらゆら揺られながら読書ができたら気持ちいいだろうなあ、と思ってしまいます。今回は、そんなハンモックと睡眠とストレスについてのお話です。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ストレスで太る…?

毎日忙しく動いていると、少しずつストレスが溜まっていきますよね。仕事が終わった後や、休日など、家の中ではゆったりと過ごしたいものです。

さて、この「ストレス」、実は「コルチゾル」というホルモンを体内で発生させます。このホルモンは、脂肪を蓄積する方向へ仕向けると言われています。怖いですね。だとしたら、精神的ストレスは太り体質とつながっているということになるかもしれません。

ストレスはお昼寝で打破していく

ストレスの種類にもよりますが、ストレスが溜まっている状態とは、脳が疲れている状態のことです。ならば睡眠を取ればおおよその解決ができそうです。

その中でも、ちょっと気分を変えるのにオススメなのが、お昼寝です。

お昼寝には、頭をリフレッシュしたり、想像力や知的能力を高めてくれる効果があるという研究発表もあります。

でも食後に寝ると太るって言う…

食後にすぐ寝ると、牛になるなどと昔から言われていますし、実際に食後に睡眠を取ると、カロリーは蓄えられます。しかし、起きた後の意識がはっきりしているのであれば、意識が覚醒しているときにノンアドレナリンが分泌され、脂肪代謝を促進してくれます。

つまり、10分や15分の睡眠によって、多少はカロリーは蓄えられるかもしれないが、その後の活動がしっかりできるならストレスも取れて、ノンアドレナリンも発生していいことが多い、ということではないでしょうか。

「揺れ」でより深い眠りへ誘うハンモック

スイスの科学者の研究によると、ハンモックがもたらす穏やかな「揺れ」は、ベッドで寝るよりも素早く眠りに落ちることができる上に、より深い眠りになるそうです。となれば、脳の疲労回復もより効果的になるのではないでしょうか。

しかし、そのためだけにハンモックはちょっと…と思いますよね?

でも実は、リノベーションを希望する数々のお客さまのご要望の中でも、多いのがハンモックやブランコを付けたいというご要望です。
賃貸住宅では、天井や壁に穴を開けることはできないので、ハンモックやブランコを設置することはなかなか難しいですよね。だからこそ、自由にカスタマイズできるというのは住宅を購入する醍醐味でもあります。

ハンモックやブランコというのは、生活必需品ではありませんが、日々の生活にワクワクや遊び心、くつろぎを加えてくれるアイテムです。子どもたちも、雨の日も家の中で身体を動かして遊ぶことができます。

そして、ハンモックやブランコを設置する場合、さらに中古マンションならではの良さがあります。

それは設置場所に自由度があるということ。
中古マンションをリノベーションする際に、ハンモックやブランコを設置することを最初から考えて、部屋のレイアウトやインテリアを考えることもできます。

また天井の輪っかからハンモックを外せば、部屋干し用の竿も吊すことができてとても便利です。

ハンモックのある生活をぜひ楽しんで下さい。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る