2016年03月16日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

気になっています!趣ある『格子』の外観

完全に閉鎖される訳ではなく、光や風を通しつつも目隠しできる格子。
木のぬくもりや昔懐かしい気持ちを呼び起こしてくれるからか、格子をみるとじっくり眺めてしまいます。
SUVACOの中にも、そんな気になる格子の外観が沢山。今回はそのうちの7つをピックアップしてみました。


個性ある大きな木格子

格子を用いる家は、目隠しという機能性を重視しているように思います。しかし、こちらの大きな木格子では、開口部から室内が丸見えですよね。実は、こちらの木格子は、すだれやスクリーンを設置するための枠だそうです。どのようなすだれをどこに配置するかによって、家の外観に変化をつけられますし、大きな木格子の枠だけでも個性ある外観になっていますね。

木格子の家/石神井台の二世帯住宅

玄関横の格子

街並みに配慮した住居が立ち並ぶそんな地域にある家。
周辺住居や街並みの雰囲気に合うよう、玄関横には格子が設けられています。夜はポーチを照らすライトが格子を鮮やかに浮かび上がらせ、 より美しい景観となります。

books and gardens

格子で囲まれた眺望のよい家

開放的なテラスから海を臨むことができる高台の家。玄関側は大きな門のように格子で覆われ、その隙間からこぼれる光が、来訪者を室内に招いているかのようです。室内に入れば、広がる海の景色にうっとりしそうですよね。また、落ち着いた色合いの格子と白い壁が、昔の町屋のような趣のある雰囲気を醸し出しています。

寛の家72

横に長く続く格子

一面格子が続く個性的な外観です。中庭や長い玄関アプローチの目隠しになっています。囲まれた空間ながら、心地よい風や光を感じられるアプローチは、訪れる方に癒しを与えてくれます。

船堀の家

周囲の木々とマッチした外観

一面縦格子の外観が目を引きます。外観沿いの植栽と格子の明るい木目がマッチしています。
いくつもの大きな窓がありますが格子で隠された開口部もあり、プライバシーにも配慮しつつ、開放感も与えています。

棲林居

浴室やトイレの開口部は格子で覆われています。格子の木のぬくもりや格子越しに入る柔らかい自然光がシンプルながらも温かな空間を作り出してくれています。木枠の隙間から眺める緑も、より爽やかに感じます。

棲林居

町家の再生の一部

町屋の原型を再生したいという要望からリノベーションされた家。
格子の玄関からは前庭、通り土間、光庭がつながっており、風や光が通る流れがあります。格子の間隔が広く、それだけでは室内まで見渡せそうですが、前庭があることで二重の目隠しになっており、外からは生活スペースが見えすぎないようになっています。

『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生)

格子を多様したモダンな外観

周囲が2階建ての住宅に囲まれているため、外部には開口部を設けず、中庭で採光しています。外観に格子を使用した部分が多いと、外部と遮断しているといった雰囲気がでず、柔らかな表情になりますよね。なぜか心落ち着く癒しの住まいという印象になります。

箕面の住宅3


この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた事例写真

  • 細長いリビング
  • 外観
  • こだわりのドアと飾り棚のニッチ
  • 眺望のウォークインクローゼット
  • キッチン収納(造り付け)

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問