2017/04/18更新2like10462viewyuriyuri*

ストレスフリーに暮らせる!邪魔にならない室内干しスペースのある家

梅雨時や花粉症のシーズンだけでなく、共働き世帯が増えたことで、1年を通じて室内干しするご家庭が増えています。今回は、室内干しでも快適に暮らせる家を実例をあげてご紹介します。外干し派の方もきっと心惹かれる室内干しスペースなので、是非参考にしてくださいね。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

室内物干し設備を取り入れるには?

室内干し設備を取り入れるには、天井や壁の強度に注意する必要があります。今は、簡易的に取り付けられる室内干しユニットもありますが、日常的に使用するしっかりとした設備を必要とするなら、施工業者にお任せすることをおすすめします。

また室内干しをする場所は、通気が確保できる室内でも乾きやすいところがよいでしょう。

広々干せる室内干しスペース

バルコニーに面した風通しのいい室内干しスペースは、十分な広さがあり、家族が多くても大量の洗濯物を干すことができます。また、寝室と子供部屋の間の位置というのも家事動線がよく片づけが楽になります。
こちらのお宅もバルコニーに面した室内干しスペースです。天窓からもバルコニーからも光が入って明るいですね。バルコニーに面していると、外干ししていて急な雨に降られた時に洗濯物を一時的にかけておけくことができます。
こちらの室内干しスペースは廊下にありますが、天井吊りなので邪魔になりません。また廊下とはいえ、壁一面に換気できる窓が設けられているので、室内でもよく乾きそうです。
テラスの出入り口に設けられた家事の予備スペース。室内干しはもちろん、外干しした洗濯物を取り込むだけではなく、台を設ければそのまま畳むことができます。リビングダイニングなどの他の部屋が散らからずにすみますね。
独立して設けられたランドリールームは、天井吊りの物干しが設置されています。換気などの湿気対策を万全にする必要がありますが、洗濯機から出してすぐに干せるので、時短にもなり使い勝手が良さそうです。

リビング干しでも気持ちいい暮らし

リビングダイニングの窓に面したところに、広々とした室内干しスペースがあります。リビングダイニングに干すと、急な来客があった時に慌ててしまうことがありますが、こちらは引戸を閉めると隠すことができるので、安心して干せます。
流行りのインダストリアルインテリアに、ステンレス製の室内干しの物干しとハンガーが違和感なく溶け込んでいます。部屋干し用に使用しない時には、ハンガーラックにもなります。
室内干しのためのスペースを設けることは、現代の住宅事情では贅沢なことかもしれません。しかし、庭やベランダなど、外に干せるスペースを確保できないお宅ほど配置しておきたいスペースでもあります。また、室内干しは、お洗濯のストレスを大幅に軽減できる魅力もあるので、外干し派の方も検討されてみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る