2016年02月25日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

夫婦でも使い方はそれぞれ!~私にあったワークスペースのある住まい~

自分の家を持つなら、家の中に「自分の城」を作りたいものですよね。
奥様はのんびり家事が出来る場所、ご主人は集中して趣味や仕事に没頭できる場所。
そんな素敵なワークスペースを集めてみました!


これぞ男の書斎!

ちょっと"おこもり感"のあるスペースが好きな人も多いはず!
忙しくて仕事を持ち帰ってしまっても、これなら集中して作業ができそうです。

マンションリノベーション・リフォーム事例

リゾートホテルのような贅沢空間

2640万円、132㎡

必要な収納スペースはしっかり確保してるのにコンパクトにまとまった書斎。
L字型のデスクと棚が使いやすそうです。

実は上の写真の書斎、リビングの脇にあるんです!
開放的なリビングと対照的に、見事なおこもりスペースとなっています。

これくらいの広さになると、「ザ・オフィス!」という感じが強くなります。
在宅で働く方も増えてきていますが、こんな書斎があればオン・オフの切り替えもバッチリですね。

マンションリノベーション・リフォーム事例

上品なラフ空間

69㎡

打って変わって超開放的な書斎!
真っ白な空間に、緑の風景が絵画のように広がります。
まるでエグゼクティブのオフィスみたいですね。
ブラックコーヒーを飲みながら、優雅にお仕事したくなるお部屋です。

家事がはかどる、趣味もはかどる

掃除に洗濯、食事づくりと毎日大忙しな奥様方。
効率よく家事をしたいし、時にはホッと一息もつきたいものです。
こちらはキッチン横に設けられたワークスペース。
料理の待ち時間に腰掛けたり、ネットでレシピを検索したりと大活躍間違いなしです。

ミシンや裁縫道具の揃った奥様のワークスペース。
普段は家事でバタバタしても、ここに来ればゆっくり趣味を楽しめます。
大きな窓に面しているので、明るく心地よいですね。

ワイドな窓が印象的なゆったりワークスペースでは、ブレイクタイムに読書でも。
ここだけのんびりとした時間が流れているように感じられます。
お子さんと並んで宿題を見てあげたりするのも良さそうですね。

こちらはユーティリティーと隣り合った家事スペース。
ウォークインクローゼットの役割も果たしているので、洗濯物を取り込んだらすぐに畳んでしまうことができます。家事動線が短くて済むのは、とっても助かりますよね。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

しょむさん

家づくりのお仕事をしています。
すっきりミニマルな暮らしに憧れています。
好きなインテリアスタイルはミッドセンチュリー&北欧。

最近お気に入りされた写真

  • LAVATORY
  • リビングダイニングキッチン
  • リビングダイニング
  • LDK
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?