2016/03/19更新0like8930viewおかる

収納をたっぷり確保した快適子ども部屋7選

子供がいると、溢れるのおもちゃや本の置き場所にいつも悩まされます。しかし、たっぷりと収納ができる場所さえあれば、そんな悩みも無くなりますよね。収納スペースをきちんと確保した子供部屋をSUVACOから選んでみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

壁面は全部収納

壁面収納のある子ども部屋。低い位置の棚は扉付きなっているので、細々した生活感のあるものは中身が見えないので、ごちゃごちゃしたものはここに収納できるし、オープンシェルフには可愛いぬいぐるみや子供の作品をおしゃれにディスプレイ収納できます。

秘密基地

小さな部屋でも、これだけの収納スペースがあれば、片づけに悩ませられることはありません。上の棚のものを梯子に登って取りに行くのも、なんがかワクワクしちゃいます。子供にとったら秘密基地みたいで楽しいお部屋ですね。

収納扉は素敵なカラフル扉

クローゼットが大きいとそれが目立ってかわいくないのですが、扉をベビーピンクに色を変えたことで、子供らしいも可愛い印象に。モールディングのかわいい扉がお部屋のアクセントにもなっています。

すべてがここに

狭いお部屋でもたっぷりと収納したいならば、空間の有効活用の"ロフトベッド"がいいですね。下は学習机と収納棚でたっぷり収納ができるうえ、上段では兄弟それぞれのベッドスペースも確保できます。ロフトベッドは向かい合わせに配置することで、部屋をより有効的に使えています。

ロフトの子ども部屋

子ども部屋にロフトを設ければ子どもも楽しいですし、収納もたっぷりできます。ロフトは天井が斜めな場合が多いですが、棚の高さをだんだんと低くしていけば見た目もすっきりするうえ、たっぷり収納スペースも確保できます。

大収納のついた子ども部屋

壁一面全てが収納。これならどんなにたくさんのおもちゃや本を持っていても収納できます。オープン棚なので子どもにもわかりやすく、自分から片付けをしてくれそうですね。

ロフト下の収納

ロフト下が収納スペースになっています。ロフトの下は奥行きがあり、扉もついているので、こども用のウォークインクローゼットとして活用きそうです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

子供部屋の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る