2015年12月12日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

玄関収納を考える ~ タイプ別の素敵な空間 ~

「玄関」と「収納」。実は日本人ならではの切っても切れない関係なのです。欧米と違い、日本の文化では家の中では靴を脱いで過ごします。そのため、少なくとも靴をしまっておく収納家具は欲しいですよね。
一概に収納と言っても、スマートにすっきり隠す収納や、敢えて靴を見せる収納など様々です。
その家のイメージや好み、ライフスタイルに合わせて一度じっくり考えてみましょう。


コンパクトにすっきりとまとめます

玄関のスペースに余裕がなくても、少しでのいいので収納スペースは欲しいもの。

後から据え置き型でも、造作家具に負けない雰囲気のある空間作りは可能です。
思いっきり個性的にしてみるのもいいですね。

> この住宅のすべての情報を見る

決して広いスペースではないものの、造作家具で空間に統一感を出しています。
既存のマンションの小さな玄関も、扉を木目で統一してナチュラル感を出しワンランク上の空間になりました。

> この住宅のすべての情報を見る

しっかり収納でスッキリ!

天井まである大容量の収納棚です。
収納スペースは、多すぎて困るということはまずありません。
少し余裕があっても、いつの間に一杯になっているのですから不思議ですよね。
天井まで伸びた扉が壁となり、スッキリとした空間に仕上がります。

> この住宅のすべての情報を見る

ルーバータイプの扉ですが、壁と同じ色なのでスッキリ、そして空間の動きのあるアクセントにもなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関から廊下へ続く一体感

玄関収納というと、玄関だけという考えがあるかと思いますが、玄関廊下が長い場合は、そのまま収納も伸ばしてみてください。機能的にもデザイン的にも空間の広がりを感じられます。

> この住宅のすべての情報を見る

モダンなタイプです。ダークカラーの収納でもニッチ部分が閉塞感を和らげてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

対になった収納ですが、低い位置での収納が部屋の奥へと続きます。
デザイン性も機能性もあるうえ、より空間の奥行きを感じられます。

> この住宅のすべての情報を見る

敢えて”見せる収納”でこだわりを

部屋のイメージに合っていますよね。壁に直づけの棚板タイプという選択肢もありです。

> この住宅のすべての情報を見る

まるでお店のような…オシャレな空間です。
シンプルなコンクリート土間に壁ですが、透明なガラスの棚板を使うことで、路地裏のガレージ的なイメージではなく、ハイセンスなブティックのようなイメージを引き出してくれます。収納とディスプレイ、2つを兼ね備えた、ある意味機能的なデザインではないでしょうか。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

最近お気に入りされた写真

  • 飾り窓でリビングと繋がる洗面室
  • ルーフテラス
  • ダイニングキッチン(撮影:川本聖哉)
  • バスルーム
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか