2015年05月19日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

二人のライフスタイルが活かされる!~二人暮らしの素敵なリノベ事例~

住宅には個性が出ます。家を建てたり、リノベーションをする際にインテリアの方向性が定まるのはもちろんのこと、住む人の家族構成によって間取りや部屋の割り振りも大きく変わってくるもの。
今回はその中でも、「二人暮らし」の住宅にスポットを当ててみました。二人暮らしは一緒に住む家族はいますが少人数のため、ある程度自由な間取りを実現することができます。二人暮らしならではの魅力が詰まった素敵なお家を見てみましょう。


二人の趣味が反映されたワインバーのようなオシャレなリノベーション住宅です。部屋は決して広いわけではありませんが、立地も良く、駅チカで二人暮らしにはちょうどいい大人でスマートな暮らし方と言えます。

リノベーション会社:EcoDeco「風格漂う中野ブロードウェイで ワインを楽しむ 大人リノベーション」(リノベりす掲載)

キッチンに合わせて机を造作したワークスペースには、椅子が二つ並んでいます。プライベートを考えて居場所を分けるのもいいですが、あえて隣り同士で並んで作業できるようになっているのは素敵です。

No.78 2人暮らし

部屋にほとんど仕切りのない、開放感ある造りのお部屋です。二人分の生活用品が使い勝手良く収納されています。二人の仲の良さが伺える心地よい生活感が魅力ですね。

リノベーション会社:M・DESIGN目黒本町「rough style リノベーション2」(リノベりす掲載)

こちらのお宅は、二人暮らしですが週末に友人を呼んでホームパーティーをするのが趣味のため、ダイニングも大きくキッチンも広めに造られています。家族に気兼ねなく友人を呼べるのも二人暮らしの醍醐味かもしれません。

リノベーション会社:リノべる。「パーティを楽しむ日々」(リノベりす掲載)

むき出しのコンクリートの天井や、さわやかな水色の壁が印象的なお部屋。部屋の一角に小上がりが設けられたりと、相手を感じながらも思い思い空間を楽しめます。

リノベーション会社:株式会社リビタ「眺望の良さとこだわりの素材感を楽しむ」(リノベりす掲載)

白い壁と白木の家具が優しい雰囲気のLDK。今は二人暮らしですが、将来お子さんが生まれた時のために、フリースペースの床は子供が遊べるコルクを採用しているそうです。

SU邸・明るくさわやかに ここから始まる2人の暮らし

老後を見据えたリノベーションを希望されていた70代の御夫婦は、3つに区切られていた部屋をワンルームに間取り変更しました。やはり常にお互いの気配が感じられるのは安心ですね。

老後の暮らしを見据え、ゆとりと動きやすさを兼ね備えたシンプル&フラットなひろびろワンルーム


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観-日中2
  • N-HOUSEリビング4
  • 子ども部屋1
  • デッキの様子も伺える将来3室に間仕切れる子供部屋
  • リビング

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問