2016年02月16日更新

インテリア(壁/床)

『ガラスブロック』を使って部屋に柔らかな光を取り込もう!

ガラスブロックってご存知ですか?ガラスブロックとは、辞書によると
「大きさが20cm角,厚さ 95mmぐらいの厚い箱形のガラス2個の開口部を融着して中空にしたもの。防音,断熱効果が大きく、天窓,壁などに採光用として使う。また、装飾用としても価値をもつ。」とのことです。ぱっと見、製氷機で作った角型の氷の巨大版、みたいなブロックなのですが、自然の光をほどよく取り込みたい方、普通のガラスのように全部透けないのでプライバシーを保ちたい方に大人気の建築素材なのです。また、室内に取り入れてもほのかな光がとても素敵な空間を作ることが出来ます。今回はガラスブロックを使った事例を見ていきましょう。


リノベーションしたマンションのリビングルームにガラスブロックを取り入れた事例

写真を見てわかるように、ガラスブロックには透明のものだけでなく、色のついた物もあります。このようにリビングの色と合わせた二色のガラスブロックを導入することで光だけでなく、部屋のアクセントにもなっていますし、開放感を感じることが出来ます。

リビング
玄関
キッチン
洗面

マンションリノベーション・リフォーム事例

自然素材が集う日常

910万円、70㎡

マンションの玄関にガラスブロックを取り入れた事例

マンションの玄関というと、照明で明かりを取り入れる場合が多いのですが、こちらでは高めの位置にガラスブロックを使用し玄関に外光を取り入れています。

玄関ホール・廊下
広々としたサニタリールーム
光と風を取り込むLDK
ヴィンテージテイストのダイニング
開放的なリビング

マンションリノベーション・リフォーム事例

ヴィンテージマンションに住まう

785万円、54㎡

マンションの浴室の壁にガラスブロックを導入した事例

マンションのリビングルームの一角にガラスブロックを通してほんのりと光が透けています。
ガラスブロックの向こう側はなんと浴室!電気がついている時、ついていない時でそれぞれ雰囲気が変わって素敵です。

マンションリノベーション・リフォーム事例

明るい浴室を作ったマンションリノベ

一軒家の吹き抜けにガラスブロックを導入した事例

隣の家と近く、普通のガラスの窓では家の中が丸見えになってしまう立地。でも太陽光は取り入れたい。そんな時にぴったりなのがガラスブロックです。

注文住宅事例

吉祥寺の家

2000万円

化粧室の壁にガラスブロックを取り入れた事例

ひかりと雲の家、と名付けられた家の洗面所です。外からの穏やかな光が差し込む化粧室。寝ぼけ眼でここに立っても、自然光を浴びながら顔を洗っている内にすっきりと目覚めることができそうですよね。

道路から見た外観
雲のような天井とトップライト1
雲のような天井とトップライト2
壁の奥行きを利用した壁面収納
家具としてデザインされたキッチン1

門柱にガラスブロックを取り入れた事例

家からの光、隣の家の光、太陽の光、色々な光をとりこんで、その時々で表情が変わるそんな素敵な玄関です。

無機質な四角い外観
無機質な四角い外観-夕景
無機質な四角い家-正面外観
四角が集まった開放的な家
シンプルモダンな玄関

家の外観アクセントにもガラスブロックはぴったり

ぱっと目につくガラスブロックの大きい窓。寝室の窓なのですが、アクセントになりプライバシーも守ることができ、そして寝室内の写真で分かるように穏やかな光で満たされています。


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた写真

  • 子供部屋
  • こども室
  • バスルーム
  • リビングルーム
  • ハーフユニットのお風呂

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?