2015年09月09日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

ひとつ屋根の下に和気あいあいと暮らす「大家族の家」

2世帯、3世帯、子だくさん……。いつも賑やかな大家族が住む家には、みんなが集まれる広いリビングが欠かせません。
また大家族ならではの住まいの工夫も満載。今回はそんな大家族の家にスポットを当ててみました。


5人の子どもたちとにぎやかに暮らす家

アーチ型の大窓が象徴的なリビング。高級材として知られるチークを敷き詰めたフローリングは耐久性に優れ、油を含んだような滑やかな感触が特徴です。広さに加え、高さを生かせるように新設した天井もあいまって、家族が集うのにふさわしいゆったり空間に。

大家族が住める家 (広々ゆったりリビングダイニング(窓側))

子どもたちの部屋がある3階へはホームエレベーターで。エレベーターの扉はビビッドなイエローとブルー、階段の手すりは7色の虹色に。まるで遊園地のようなわくわくする空間に仕上がりました。

大家族が住める家 (3階ホール)

キッチン背面には、大家族のための大量の食器や食材ストックできる収納棚や配膳用のカウンターを完備。フラットな対面式のオープンキッチンで会話をしながら食事の準備ができ、子どもたちのお手伝いも増えそうです。

大家族が住める家

飽きのこないシンプル&ナチュラルな住まい

夫婦と子ども3人に母と妹、7人家族のための住宅。吹き抜けのLDKは白壁に黒のアクセントを配したシンプルなデザインながら、2階からショートカットできる上り棒に遊び心が表れています。お母様の生活空間は1階にまとめ、平面的に暮らせるよう工夫。

ハコノオウチ04 2.5世帯住宅 (階段横には登り棒)

2階の吹き抜けの周りには子ども部屋を配置。3人の子どもたちが並んで勉強できる造り付けの机の後ろには、大量の本を収納できる棚も完備しています。

ハコノオウチ04 2.5世帯住宅

3世代が暮らす寒冷地でも暖かい家

共に退職した夫婦が計画した3世代の大家族の家。秋田の寒冷地にありながら南面で陽当たりが良く、断熱・床蓄熱暖房などを駆使したリビング、ダイニングはみんなが集まる憩いの空間に。

秋田の田舎の家 (リビング)

親世帯にうれしい和室を完備。仏間と客間を兼ねていますが、来客時にはプリーツスクリーンで仏壇を隠すこともできます。

秋田の田舎の家


この記事を書いた人

joker7さん

プロのコピーライターです。
仕事上の経験から培った価値ある情報を発信していきますので、
どうぞご期待ください。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 子供部屋2
  • リビングキッチン
  • リビング・ダイニング&洋室
  • 洗面
  • ガラスブロック沿いの動線

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問