外観事例:外観(9平米の増築と外構でつながる広がりのある家(城東の家リノベーション))

外観

外構と建物の狭間

敷地は、東海道が通りかつてお店を営んでいたとわかる建物が建ち並ぶ旧市街地です。依頼主の先代も昔、たばこ屋と営んでおられました。今回のプロジェクトはそんな建物を取り壊し、新しく子世帯が親世帯と共に暮らす2世帯住宅の計画です。
昔の建物と新しい建物をどのように共存させることを考えました。

そこで、外構のあり方に着目しました。
外構のフェンスや柵といった工作物というものは、敷地と道路をはっきり分け、プライバシーを守るために設けられます。
そこで、道路と外構と建物を緩やかに分け、緩やかに繋ぐ工夫をほどこしました。

塀のような外壁のような建物のような外構が、敷地境界から徐々にボリュームが変化し既存の建物に寄り添い、いつの間にか、機能を持ち建物として存在していきます。
このように流動性を感じる空間をつくることで、完全に外と内を隔てるのではなく、あいまいな場所を生み出し、その空間が豊かさを感じる場所になります。
また、外からこの空間を見る人々は、建物が徐々に外へと溶け込んでいるような不思議な感覚を感じることができるのではないでしょうか。

住宅事例の種別: リノベーション
建物種別: 戸建
部屋/場所の種別: 外観
デザインテイスト: ヴィンテージ・アンティーク
サイズ: S
予算: ¥
立地: 都心
色や素材:  / / 個性的な形状

この写真を見ている人におすすめ

感性あふれるノスタルジースタイルの家 (2階のキッチン)
S邸-「ドイツの公営団地」に、選び抜いた家具たちと住む (リビングドア)
飯盛の民家 [軸組再生の住まい] (外観)
愛猫もうれしい、住み替えなしのリノベーション。20年来の我が家をグッと快適に。 (白いフローリングに合わせて、ヴィンテージっぽさを。木の濃淡色をランダムに使用。黒いテレビの存在感が緩和された。)
キチ001 (外観)
高崎S邸・高気密高断熱化・暖かく生まれ変わった家 (外観)
お子様の成長と木の温もりを感じる (リビング)
cow house (明かりの灯った外観)
『クラノイエ』〜遊び心あるウッディな家〜 (テラス側外観-夜景)

ALTS DESIGN OFFICE(アルツデザインオフィス)さんのそのほかの住宅事例

もっと見る