2016年06月14日

プランニング

長く住める家って?

とにかく長く住める家、傷まない家や素材選びとは?

173view

ひとつの考え方ですが、長く住める家は使い続けられる家、手入れしようと思える家、つまり愛着のもてる家ということだと思います。構造だけ強くても、使い勝手が悪ければ使い続けられません。全く手入れをしない家は、悪くなって初めて気づく家とも言えます。日本は地震の多い国です。特に仕上げは、自分で簡単に手入れができる、長く使われているシンプルな素材を選ばれることをお勧めします。

石井 大吾」からの回答

素材は必ず痛んだり変化するものです。
痛まない家というよりも、経年変化を楽しめる家という付き合い方をおすすめしたいと思います。
自然素材は手間がかかったり、変化が大きい印象がありますが、長期的には耐久性を持っていたりします。
ぜひ手を加えたり、変化することを楽しんでみてください。

株式会社リビタ」からの回答

傷まない家とはどのようなイメージをお持ちでしょうか?メンテナンスフリーな家でしょうか?
長く住める家とは、手間がかからない家のことではありません。
むしろ、無垢材や珪藻土などの天然素材のものを採り入れた暮らしには、家に対して手を加え続ける意識を育ててくれ、結果として長く住める家に自ら仕立てていくものだと考えています。
そのため、素材選びには自らが気に入り、愛着の湧くものを選定していくことをお勧めします。

リノベ不動産|Beat HOUSE」からの回答

傷まない素材というモノは存在しませんので
無垢材や、自然素材などを中心に素材を選び
経年劣化ではなく“経年変化”を愉しめる
長く愛せるお住まいづくりをオススメいたします。

SUVACOアドバイザー」からの回答

家を長持ちさせるには、きちんと手を入れていくことが大切です。
それは室内も室外も同じで、なにもしないでずっともつ家はありません。
日本の家にとっての一番の大敵は水と湿気です。壁の中に水が入らないように屋根や外壁をきちんと手入れをすること、風通しをして湿気がこもらないようにすることも大切です。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

プランニングのQ&A

趣味の自転車を弄るピットがほしいけど、室内に作ったら...

自転車をメンテナンスできるピットのようなものを作りたいです。1部屋使ってしまうのは嫁...

防音設備を作る上での注意点は?

60代の親が住んでいる3LDKのタワーマンションをリノベーションして一緒に住まないか...

壁を取って、大きな一部屋を作りたいのだけれど・・・

リノベーションで壁を取り大きな一部屋にしたいと思っているのですが、構造上の限界などに...

お風呂に木って使えるの?

浴室に木を使用したいのですが、湿気など大丈夫でしょうか?

カーテンとブラインドとロールスクリーンのメリットデメ...

カーテン・ブラインド・ロールスクリーンのメリット・デメリットがあれば教えてください。