2016年06月14日

プランニング

漆喰って湿気を吸ってくれるって本当?

壁を漆喰にすれば調湿してくれるって本当ですか?本当にコストに見合った効果が感じられるのでしょうか?

442view
白崎泰弘・治代」からの回答

本当です。漆喰だけでなく、珪藻土も調湿機能があります。そのほか、タイルや壁紙でも調湿機能を持たせたものがあります。
調湿できる素材は、多孔質(無数の細かい穴を持っている素材)になっており、湿気が多い時は水分をつかまえ、乾燥しているときは水分を放出する性質を持っています。したがって、漆喰や珪藻土など厚みのあるものほど性能を発揮しやすく、壁紙のように薄い素材はあまり期待しないほうがよいでしょう。

株式会社 リブラン」からの回答

漆喰壁には調湿性能があります。ただアルカリ性が強いので、アルカリに敏感な方はお勧めしません。私はより調湿性能が高くアルカリ性の強くない珪藻土塗り壁をお勧めします。
しかし、「珪藻土」と名乗る商品でも実際の珪藻土の含有量が少なく、またつなぎに科学物質を含むものも多いので、注意が必要です。
私は珪藻土の含有量が80%で全て自然素材から造られているUD社のMPパウダーをよく使います。優れた調湿性能と消臭効果が期待できます。

湘南リフォーム」からの回答

本当です。本来、塗り壁(土壁)にはいくつか種類があります。
それぞれ機能性が違いますが、その殆どが調湿機能を持っています。
調湿機能に関しては、珪藻土の方が高く、アルカリ性の漆喰は石灰が主成分の為
カビ難いのが最大の特徴です。

SUVACOアドバイザー」からの回答

漆喰はクロスに比べると調湿性能があるといえますが、最近は漆喰調の材料として樹脂などが混ぜられたものもあり、その場合は性能が落ちるので注意が必要です。また、漆喰は消石灰を使っているので表面がアルカリ性で空気をきれいにしてくれる効果もありますが、時間の経過とともに空気に触れている面から中性化して硬化していきます。
調湿性を重視されるのでしたら、珪藻土は多孔質といって表面に目に見えない小さな穴が空いていて、そこで湿度を吸収したり放出したりしてくれて調湿性が高い材料です。一緒に検討されてはいかがでしょうか。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

プランニングのQ&A

螺旋階段にあこがれて。

螺旋階段に憧れています。大きい家具を上げられないなど注意点があれば教えてください。

カーテンとブラインドとロールスクリーンのメリットデメ...

カーテン・ブラインド・ロールスクリーンのメリット・デメリットがあれば教えてください。

安く仕入れた材料を使ってもらう事って出来るの?

親が建材メーカーに勤めています。安く仕入れることができるんですが、使っていただくこと...

防音設備を作る上での注意点は?

60代の親が住んでいる3LDKのタワーマンションをリノベーションして一緒に住まないか...

マンションのサッシは交換できないって聞いたけれど本当?

マンションリフォームでサッシを交換することはできないのですか?