その他

『西国街道の店』古い民家を”まちの薬屋さん”にリノベーション

種別:

その他

実施エリア:

大阪府三島郡島本町

実施時期:

2013年12月

延床面積:

67平米

築年数:

50年

内容:

大阪と京都を結ぶ”西国街道”沿いに建つ築50年の民家を 『まちの薬屋さん』 にリノベーションしました。
コンセプトは”地域の人たちが気軽に立ち寄れる憩いの場”。よくある無機質な薬局ではなく、親しみやすい薬局になるようプランをすすめました。
外壁はブルーをアクセントに、ヨーロッパの薬屋さんのような可愛らしい外観になっています。
十字のLED看板はデザイン製作しました。その他、受付カウンターや陳列棚も木で作り、温かみのある空間に仕上げています。
照明器具もシャンデリアを付けるなど、従来の薬局とはイメージを変えて雰囲気ある店舗にしました。
構造的に必要な柱や梁は見せることで活かし、また補強が必要な部分は新たに柱や筋交いを設けています。
元は1階が6帖間・3帖間・台所・風呂・トイレ、2階が6帖二間という間取り。普通の民家が全く違う用途へ変わり、空間の雰囲気もガラリと変わりました。

ダイニングキッチン・洋室

2階は和室二間からダイニングキッチンと洋室にチェンジ。

ウッドデッキにつながるキッチン

2階の6帖間はキッチンを設置しました。窓は掃き出し窓に変更し、外のウッドデッキに出られるようになっています。

2階は杉の無垢フローリング

2階は畳を撤去し、床はやり替えました。杉の無垢フローリングがとても温かみを感じます。

ロフト付きの洋室

天井をとって、丸太梁をあらわしたロフト付の洋室。

タイル貼りのオリジナルトイレ空間

トイレはタイルを使ってオリジナル空間に仕上げました。

土間の広い店内

元和室は床や間仕切りをとって、土間の広い店内に。

エントランス側より調剤室を見る

玄関部分は解体・増築し、調剤室になりました。

薬局エントランス・受付

居間だった部分は床やサッシを撤去し、店舗に変わりました。

受付や待合室には綺麗なシャンデリア

受付カウンターや待合には綺麗なシャンデリアをつけて。

柱がアクセントの薬局受付

台所だった部分は古い流しや床を撤去し、新たに薬局の受付になりました。
構造的に必要な柱はそのままに、アクセントとして活かしています。

可愛らしいブルーの外観

可愛らしいブルーの外観が目を惹きます。