戸建リフォーム・リノベーション

『黒瀬の家』 赤瓦の日本家屋リノベーション

実施エリア:

広島県

実施時期:

2015年7月~2015年12月

延床面積:

258.05㎡平米

築年数:

24年

内容:

この辺りに多く点在する赤瓦の日本家屋。
和室中心の間取りを今の暮らし方に合わせてリノベーションしました。
和室3室と廊下を広々としたLDKに、元台所はオーディオルームにするなど間取りを大幅にチェンジ。
LDKには薪ストーブを設置し、とても安らぐ空間になっています。
水まわりもやり替え、キッチンや洗面台も家具で造りました。
段差のあった廊下はバリアフリーにし、冬の厳しい寒さに備え断熱改修も合わせて行いました。

外観

外部は玄関回りを改修。1階は断熱サッシにやり替え、2階は内窓を設置。
赤瓦に薪ストーブの煙突がよく似合います。
室内は、外観からは想像の付かない空間がひろがっています。

玄関

玄関は既存の鴨居をあげ、扉開口を高くつくりました。
上部ガラス欄間より光がひろがり、開口的な空間になっています。
奥には造付下駄箱のあるシューズクローゼットをつくりました。

トイレ

トイレは部屋の内部にある為、上部へガラスをはめ込み洗面室からの自然光も取り入れた。
手洗は木製家具と信楽焼のボールを設置。

洗面室

ベッセルタイプの洗面ボールを木製カウンターの上に設置。
袖壁にニッチをつくり細かな収納部分にもこだわりました。
ライトは船舶用のランプ。タイル

浴室

お施主様の希望であった桧の板張り。
TOTOのハーフユニットやオーバーヘッドシャワーと組み合わせてモダンな雰囲気に。

吹抜け

開放的な2階ホールは吹抜けになっており、階下のLDKへ光をおとす。
天井はシナ合板を市松張りにしナチュラルなテイストに仕上がっています。

主寝室

壁天井はペイント仕上げ。
シックな色を一面に、ブラケット照明が落ち着いた空間をつくっています。

オーディオルーム

元台所は天井を取り、開放的なロフト付オーディオルームに変更。
壁はHipしっくい塗り、天井は杉板張りでナチュラルな雰囲気に。
壁の灰桜色が優しい雰囲気をつくっています。
奥はレジャー用の道具やウエアを収めるたっぷりWICになっています。

LDK

2階の1室は解体し、吹抜けにリノベーション。
暗かった部屋に光を落とします。
床は杉無垢フローリング、壁は珪藻土仕上げにし心地よい空間になっています。

LDK

バーカウンターのようなキッチン。
レンガタイルを張り、重厚な雰囲気に。
シンク側天板は木製、コンロ側はステンレスバイブレーション仕上げになっている。
柱間の棚にボトルなどを飾っても◎

LDK

庭を背景にした薪ストーブ。
ガラス入りの扉がノスタルジックな雰囲気を作っています。

LDK

宮島の鳥居をイメージしたカラーで作った扉が印象的なリビング。
既存の和室との空間のつながりも考慮してプランしています。