2016年06月14日

土地・物件探し

旧耐震の建物ってやめた方が良いの?

旧耐震の建物は避けたほうが良いのでしょうか?

317view

耐震性は、築年が古い場合は、1階が駐車場になっているなど壁の少ない部分がないか、地盤が弱くないかを確認する必要があります。旧耐震でも、フラット35の対象になっている場合は、専門家による簡単なチェックが入っています。ちなみに旧耐震は、1981年(昭和56年)6月以前に着工した建物を指すため、完工日でなく確認申請書類で着工日の推定が必要です。役所で申請書類は閲覧可能です。

耐震補強をしていないのであれば、避けたほうが良いと思います。

SUVACOアドバイザー」からの回答

旧耐震の建物だからといって、地震が来たら必ず崩れるということではありません。
これから何年くらい住むのか、によっても選択肢は変わります。
戸建ての場合、耐震診断をして補強工事をすればずっと安心して住むことができます。マンションの場合は旧耐震でも、耐震検査や耐震補強をしていたりこれからする計画があるというマンションもありますので心配な方はそういったものを選ばれても良いかもしれません。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

土地・物件探しのQ&A

土地や中古物件を探すのは地元の不動産屋の方が良いの?

土地や中古物件を探す際は、やはり地元の不動産会社のほうが有利でしょうか?

新耐震基準導入前のマンションの耐震性を調べる方法って...

新耐震基準の導入以前に作られたマンションについて、新耐震基準に適合しているかを調べる...

団地を購入してリノベーションしたいのだけれど、注意点...

リノベーション前提で団地を購入する場合に注意する点を教えて下さい。素人が内見する際に...

物件を探す前にリノベーションプランって立てられるの?

希望のリノベーションプランを立ててから物件を探すことはできますか?

壁式構造のマンションや団地ってどうなの?

ずっと狙っていたエリアに中古マンションがでてきましたが、壁式構造なので自由に間取りが...