書斎事例:小上がり空間(アンティーク家具が馴染む懐の深い家)

小上がり空間

リビングから2段上がった小上がり。何かに集中したいときや、気分転換にこのちょっとしたレベル差がお気に入りなのだとか。
間仕切り壁も完全に仕切るのではなく、少しだけ天井からの空きがあるため、遮りすぎずにちょうど良い書斎スペースとなっています。

この写真を見ている人におすすめ

アンティーク素材×インテリアでつくる70年代アメリカンヴィンテージスタイル (アンティーク照明)
北欧ヴィンテージと、DIY! (キッチン)
『NYブルックリン』 (フリースペース②)
"古い"と"新しい"が仲良く共存する家(西馬込 H邸マンションリノベーション) (キッチン)
古民家カフェみたいな日本家屋リノベーション(下戸山の家リノベーション) (リヴィング)
茅ヶ崎+インダストリアル (背面壁が落ち着きあるディープブルーのトイレ)
Brygenn—二人のストーリーが詰まった港町風のお部屋 (ワークスペース)
大人の秘密基地。 (書斎スペース)
上海の住宅 (書斎)

マンションリノベーション・リフォーム事例

アンティーク家具が馴染む懐の深い家

面積:67.35㎡

費用:910万円

築年数:31年

エリア:兵庫県

[事例の概要] ご家族から譲り受けたアンティーク家具が馴染むお部屋を作りたいとの思いからリノベーションを決意されたO様。 プランニングでは家具の配置や見え方も検討しながら進めていきました。...

続きを読む

同じ住宅事例の写真(全9枚):

  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 キッチン
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 玄関土間
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 玄関
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 廊下
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 寝室
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 リビングスペース
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 小上がり空間
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 廊下
  • アンティーク家具が馴染む懐の深い家の写真 キッチン

ハコリノベさんのそのほかの住宅事例

もっと見る