外観事例:1960 年頃の英国の建築家好みという感じです。(英国アンティーク家具の似合う家)

1960 年頃の英国の建築家好みという感じです。

外観はこれを煉瓦で作れば、1960 年頃の英国の建築家好みという感じです。
道路に直接面していますので、窓は高いところに設けました。
玄関ドアは左側の引っ込んだところにもうけてあります

住宅事例の種別: 注文住宅
部屋/場所の種別: 外観
デザインテイスト: ヴィンテージ・アンティーク
サイズ: M
予算: ¥¥
立地: 都心

この写真を見ている人におすすめ

千葉の住宅 (千葉の住宅)
森町の家 / インダストリアルデザインと自然を取り込むコンクリートハウス (ハンモックのある洋室)
Three huts house (3つの平屋が取り付く特徴的な外観)
ヴィンテージサーファーズハウス (キッチン)
『菖蒲町の家/Country House』プロバンス風の週末住宅 (木の天板のアイランドキッチン)
城陽の家 (外観(夕景))
『景色と共に生きる家』〜シンボルツリーが家族をつなぐ二世帯住宅〜 (山々を背景に建つ住宅外観1)
Y's residence (キッチン前カウンター)
四つ角の家|家の中に4つの小さな家がある住宅【大阪府堺市】 (土間へと続くエントランス。床は墨入りモルタル。建具はラワン合板。)

遠藤泰人さんのそのほかの住宅事例

もっと見る