外観事例:門型外皮のガルバリウム鋼板(『六供後の家』門型ファサードのモダン住宅)

門型外皮のガルバリウム鋼板

門型の外皮はガルバリウム鋼板。凹んだ白壁はモルタル壁。
ガルバリウム鋼板とは、現在屋根材を中心として多用されており、耐久性が高く・リーズナブルな板金材です。
外装材の選定では、デザインもさることながら、耐久性と防水性を主に検討します。
モダンなスタイルでは、軒の出を出さない方が美しくなりますが、性能に反します。
その点を材料選定と形態操作でカバーしながら、辿り着いた『門型』です。

住宅事例の種別: 注文住宅
部屋/場所の種別: 外観
デザインテイスト: モダン
サイズ: M
予算: ¥¥
立地: 郊外
色や素材: 

この写真を見ている人におすすめ

鈴鹿の家Ⅰ (キッチンからウッドデッキを眺める)
case072 (外観)
double loop (外観)
南千束の家 (屋上)
Double Wall House / ダブルウォールハウス (外観)
個性ある上下分離2世帯住宅~それぞれにかかる工事費を明確にしながらの住まいづくり~ (上部シャッター、下部木製雨戸)
西久保の家~竹屏風の家 (LDK2)
『稲里の家』薪ストーブと大きな吹き抜けのある住まい (和モダンの外観)
case165 (外観)

鎌田賢太郎さんのそのほかの住宅事例