外観事例:外観(古城ヶ丘の家)

外観

本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。

そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

住宅事例の種別: 注文住宅
部屋/場所の種別: 外観
デザインテイスト: モダン
サイズ: M
立地: 郊外
色や素材: 個性的な形状

この写真を見ている人におすすめ

彦根の家 (外観)
土間の広がる家 (伸びやかな外観)
五反野の家 (外観-玄関(撮影:淺川敏))
密集地の明るい機能的な家 (外観)
スクエアハウス (吹き抜け)
HJ山荘 (外観2)
ザ・英国 (エントランス側外観)
051軽井沢YTさんの家 (外観)
山梨の家~勾配天井の別荘 (外観)

注文住宅事例

古城ヶ丘の家

エリア:滋賀県甲賀市

[事例の概要] コンセプト 本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。...

続きを読む

同じ住宅事例の写真(全4枚):

  • 古城ヶ丘の家の写真 ダイニング
  • 古城ヶ丘の家の写真 寝室
  • 古城ヶ丘の家の写真 リビング
  • 古城ヶ丘の家の写真 外観

HEARTH ARCHITECTSさんのそのほかの住宅事例