外観事例:小さくても庭が欲しい(小さな家~緑の中で暮らす木のアトリエ付住宅~)

小さくても庭が欲しい

建ぺい率50%は半分が庭に出来るということです。
しかしながら建物メンテナンスなどに必用な境界よりの離隔、駐車場などで小さな敷地ではまともにとれていません。
庭を大きくみせるためアプローチ、駐車場、駐輪場と平面を一体化させ広がりをだし。高木植栽で立体感を出し、木製自転車置場や木製バルコニーなどの装置で空間の押さえと親密感を出すことで全体に庭としての空間を感じることが出来ます。
住まいのすべての部屋は庭を取り囲みそれを感じることが出来、
アプローチは豊かになり、玄関ドアは延焼線より外れるため木製で可能となります。

住宅事例の種別: 注文住宅
部屋/場所の種別: 外観
デザインテイスト: ナチュラル

この写真を見ている人におすすめ

ヒノデのいえ (外観)
木のぬくもりを感じる、アメリカンカントリーの家 (ダイニング・キッチン)
『ウィークリンク』6つの小屋が東西につながり、家族の多様な居場所をつくる家 (外観)
二つの木箱 2世帯とアトリエをつなぐ巨大なデッキ (外観)
夢のインナーガレージ (外観)
サンチャノマド (ダイニングから出窓ベンチ、階段へ)
RAVINE (外観1)
中庭を挟んだ二世帯住宅 (外観・中庭)
柳川の家 (アプローチ)

新井敏洋・眞理さんのそのほかの住宅事例

もっと見る