玄関事例:休耕地の家|玄関1(休耕地に建つ女性のための住宅)

休耕地の家|玄関1

玄関のこだわりは「開放感」「天井が高い」「採光」「玄関収納」「土間」「階段」「戸」というSUVACOのデフォルトでは説明がつけられなかった。玄関というのは人や物が出入りする表の、公の顔とも言える存在である。客を追い返すのも招き入れるのも入りやすさ一つで決まる。かつて宮脇檀さんは玄関戸は内開きが良いと言った。それは客人を招き入れやすくするには押して入るの方が入りやすくウェルカムだからというものだった。現代は引き戸が主流である。この家も引き戸であるが入った正面に「何が待ち受けているか」を大切にしていて、今回はニッチ窓を設けた。押し縁でアクリル板を押さえているだけなので取り外して視線のみならず空気もつなげてもよいだろう。勝手口的なスノコを上がった先にキッチンが見える。

住宅事例の種別: 注文住宅
部屋/場所の種別: 玄関
こだわり: 玄関収納

この写真を見ている人におすすめ

和楽の家 (玄関の土間空間)
田上の家 (玄関)
ハコノオウチ05 ルーフバルコニーのある二世帯住宅 (玄関ホールに自転車収納)
那加のいえ (アプローチ玄関)
ミンナノイエ (玄関)
下馬の家 (緑豊かなエントランス・前庭)
本八幡の住宅 (玄関)
吹抜けのある3室一体の家 (玄関収納)
U様邸「ハンモックと薪ストーブのある暮らし」 (薪ストーブのある玄関)

前見建築計画一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例