注文住宅

代々木上原Eハウス(*)

エリア:

東京都渋谷区

内容:

敷地面積:121.62㎡
延床面積:191.66㎡
構造規模:RC造 一部S造
地上3階 地下1階
計画期間:2002.08〜2003.01
工事期間:2003.03〜2003.10

第1種低層住居専用地域に地下を含め4層とした縦型の都市型専用住宅。
外部は法的な制約の中で出来る限り大きくとり、同時に豊かな内部空間を作る事が与えられた課題。プライバシーを考慮した閉鎖的なコンクリート外壁と対比的な軽いアルミのパンチングパネルが外観の特徴。内部は、床の黒(フローリング)と壁、天井の白との強いコントラストが空間を印象づけています。

写真:Foward Stroke Inc
*:竹山実建築綜合研究所時代の作品

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

関 太一

建築家 / @東京都

住宅の設計は、より複雑なプログラムを、クライアントと一緒になって1つ1つ解決していく、共同作業のようなものです。その作業の根底には、デザインの持つ可能性への強い思いがあります。 建築には決まった答えなどありません。全て特殊解となります。だから何でもいいという訳ではなく、そこに必ずクリアしなければならない境界線の様なものがあります。一緒に考えながら、本当に正しい答えを探したいと思います。

関 太一

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧