マンションリフォーム・リノベーション

宮崎町の家(リノベーション)

実施エリア:

千葉県千葉市中央区

実施時期:

2016年5月 竣工

延床面積:

86平米

内容:

・畳の間の引き戸を開放することで、食堂、板の間、畳の間を一体的に利用することができます。合わせて28畳にもなり、マンションリノベーションという限られた面積の中でも開放的な空間となるよう計画しました。

・床には建築主の出身地ということもあり、北海道産シラカバの無垢のフローリングを張り、壁はシラスの珪藻土を塗ることで、マンションでありながら調湿機能が高く、気持ちの良い住まいをつくりました。

・明るく開放的なキッチンユニットにつくり替え、ポットやミキサー、炊飯器等も収納できる造り付けの食器棚も併せて提案しました。

・マンションの玄関はとにかく暗くなりがちですが、北側の窓を上手く利用して、シューズクロークを併設した明るく風通しの良い趣きある玄関ができました。

玄関

光を上手く取り込み、明るい玄関を提案しました。

玄関

畳の間の光がすりガラスを介して溢れ出します。

畳の間

床の間にはすりガラスを用い、柔らかい光を玄関と床の間に入れました。

板の間

自然素材を使い、明るく開放的な空間です。

食堂

機能性と収納力を兼ね備えたキッチン。

板の間・畳の間

引き戸を開放すると板の間と畳の間が一体的な空間となります。