注文住宅

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (吹き抜けよりリビングを見下ろす)

吹き抜けよりリビングを見下ろす

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (吹き抜け見上げ)

吹き抜け見上げ

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (自然を感じられる大空間リビング)

自然を感じられる大空間リビング

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (ダイニングよりリビングを見る)

ダイニングよりリビングを見る

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (ダイニング-階段下収納)

ダイニング-階段下収納

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (温かみのあるダイニング)

温かみのあるダイニング

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (ウッディな玄関ポーチ)

ウッディな玄関ポーチ

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (外観-庭側)

外観-庭側

(撮影:矢野紀行)

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家 (ウッディな外観)

ウッディな外観

(撮影:矢野紀行)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

注文住宅

所在地

愛知県豊明市

延床面積

101㎡

田園風景と住宅街のはざまに建つ住宅。
この場所は市街化区域と市街化調整区域の際に位置し、眼下には豊かな田園風景を一望することが出来る環境である。
クライアントからは小さな部屋で区切るような家ではなく、家族や自然との関係が開放的で一体感のある生活を求められた。

風景の境界線上の敷地である、田園風景と住宅街の風景を緩やかに繋ぐような計画が相応しいと考えた。
敷地に対して五角形平面の建物を配置することで、南に配置した庭を東西の庭に緩やかに分節し、内部から見える庭の景色に変化をもたらせた。
また、一室空間ではあるものの、その全体を見通すことの出来ない、奥行きを感じられる連続した空間となっている。

次いで、敷地にある約1.4mの高低差を活かし、玄関から徐々にフロアレベルを下げていくことで、空間の広がりが感じられる計画とした。各段差は腰掛けられる高さに設定し、椅子として使えたりすることで、段差が空間を分断することなく、場と場とを繋いでいる。
内部のシークエンスを体験することで、住宅街から田園のはざまを豊かに感じられる空間となる。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

間宮晨一千デザインスタジオ

間宮晨一千デザインスタジオ

私たちは‘デザインで人を幸せに、社会を豊かにする’という理念で家創りを行っています。暮らしの中に安らいだり、楽しかったり、心地よさを感じたりする「気持ちをデザイン」できればと考えています。多くの人の気持ちをデザインして幸せにすることができるなら、社会はもっと豊かになると信じています。

所在地

愛知県日進市赤池2-808

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

間宮晨一千デザインスタジオさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る