注文住宅

『はざまの家/The Frontier House』家族と自然をつなぐ家

実施エリア:

愛知県豊明市

実施時期:

2013年12月

延床面積:

101平米

内容:

田園風景と住宅街のはざまに建つ住宅。
この場所は市街化区域と市街化調整区域の際に位置し、眼下には豊かな田園風景を一望することが出来る環境である。
クライアントからは小さな部屋で区切るような家ではなく、家族や自然との関係が開放的で一体感のある生活を求められた。

風景の境界線上の敷地である、田園風景と住宅街の風景を緩やかに繋ぐような計画が相応しいと考えた。
敷地に対して五角形平面の建物を配置することで、南に配置した庭を東西の庭に緩やかに分節し、内部から見える庭の景色に変化をもたらせた。
また、一室空間ではあるものの、その全体を見通すことの出来ない、奥行きを感じられる連続した空間となっている。

次いで、敷地にある約1.4mの高低差を活かし、玄関から徐々にフロアレベルを下げていくことで、空間の広がりが感じられる計画とした。各段差は腰掛けられる高さに設定し、椅子として使えたりすることで、段差が空間を分断することなく、場と場とを繋いでいる。
内部のシークエンスを体験することで、住宅街から田園のはざまを豊かに感じられる空間となる。