その他

ヤクモアパートメント

ヤクモアパートメント (小さな家が4つ並んだような外観)

小さな家が4つ並んだような外観

photo by Hiroshi ueda

ヤクモアパートメント (メゾネット+専用の庭をもつ住戸)

メゾネット+専用の庭をもつ住戸

photo by Hiroshi ueda

ヤクモアパートメント (専用の中庭)

専用の中庭

photo by Hiroshi ueda

ヤクモアパートメント (ロフトのある個室)

ロフトのある個室

photo by Hiroshi ueda

ヤクモアパートメント (外観)

外観

photo by Hiroshi Ueda

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

賃貸

所在地

東京都

延床面積

150㎡

都内に建つ4住戸の賃貸集合住宅の計画です。敷地は桜並木のある緑豊かな緑道に面した住宅街にあり、緊急車両が頻繁に行き交う消防署や、産業廃棄物置場にも隣接しています。隣接するネガティブな要素を否定せず、ポジティブな要素と等価に扱い、周囲の環境に対して均等に距離を保ちながら、小さな家が建ち並ぶ風景を思い描きました。そこで、4つの住戸を個別に分割し、スライドさせながら外殻ヴォリュームの操作を試みました。

与条件として求められる最大ヴォリューム用意した上で、それを十字に切断し、対角にある2つのヴォリュームを、僅かに接する面を残しスライドさせ隙間を作りました。この隙間は各住戸の専用庭となり、通風、採光を確保すると共に、隣接住戸、対峙する周辺環境に対して適度な距離を持った緩衝帯となります。庭に面する隣棟壁を空に向かって傾斜させる事で、対角にある住戸との間にもスリットが生まれ、北側の庭、緑道まで光が差し込み、広がりと奥行感を増幅させています。隣接住戸の庭に面する開口は、傾斜した壁の窓からは空を、足元に設けられた窓は地面を映し出し、視線が交錯しない、住人同士の緩やかな関係性を導き出しています。

同じような大きさの住戸と庭が均質に並列しただけの構成であるが、専用庭と内部空間の使われ方は、正対する周辺環境の差異に委ねられ、個別の性格に変容します。ひとつの区画で建物のみの存在感が突出する街並において、この建築が周辺環境のなかで、受動的に拡張し、風景とともに緩やかに連続していくことを期待しています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

白子秀隆

白子秀隆

何をするでもなく、ただ居心地のよい時間を過ごせる場所。素直に気持ちがよいと思える住まいを提案していきたいと思います。

所在地

東京都目黒区八雲3-30-1 サクラテラスE

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

白子秀隆さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

白子秀隆

建築家 / @東京都