注文住宅

窓辺の家 -window scape-

エリア:

長野県

実施時期:

2012年竣工

内容:

土地選びからスタートした「窓辺の家」づくり。“多様な窓”をテーマに、のびのびとした家が、安曇野の素晴らしいロケーションに完成しました。光と風、機能と美しさを備えたオリジナル家具、白い壁、柔らかな木の感覚…そのどれもが日々の暮らしを優しく包み込みます。

写真:多田ユウコ写真事務所 多田ユウコ

屋根の水平線を強調し、低めにおさえたファサード

L字のデッキが、プライベートゾーンとパブリックゾーンをつなぐ

大きな開口からはアルプスの山並みが望める

エントランスからリビングを通して窓の奥の風景への抜け

ダイニングテーブル、ソファーはオリジナルデザインの製作家具。

ソファーに腰掛けて、窓辺を楽しむ
奥は、ご主人の書斎

ロフトは、小さな開口で2階とつながっている

この住宅事例を手掛けた建築家

目時亮

建築家 / @長野県

家づくりは、住み手の方々の人生への投資だと思います。様々な思い、夢を共に実現できるよう常に努めてます。建築のみならずインテリア、家具までデザイン全般をトタールに考えております。 そして、イタリアでの設計活動などで培われた感性によるシンプルを基本とした空間デザインには自信があります。 2013年4月より松本を本拠地として活動しております。 2015年7月ニュージーランドに移住 2017年4月より帰国し、再度松本市を本拠地として活動しております。