注文住宅

2階が生活拠点のシンプルな家

実施時期:

2013年

内容:

敷地の条件上、2階にLDKを計画することで明るく開放的な空間となった。家事を効率よくしたいとの希望で、水まわり関係もまとめて2階に配置した働く主婦の家。

2階のLDKに隣接して浴室洗面所などの水まわりをまとめて配置し、効率よく家事がこなせる。
ロフトへ続く階段がアクセントとなり、北欧テイストの家具が活きるダイニング空間。

外部からの視線が気にならず、適度に閉鎖された落ち着きのあるリビング。
キッチンから見通すことができるので、家事をしながら家族の気配を感じられる

屋根勾配を最大限利用したロフト空間、趣味部屋として利用。
写真後方には広い収納空間も。

LDとつながりのあるロフト空間。
補強を兼ねた梁が良いアクセントに。

来客時に目に入る洗面コーナーなので、生活感が出ないような仕上げにするとともに使い勝手にも工夫を。
夫婦こだわりのタイルでモダンさをプラス。
上部天窓からの日差しが有効活用できる明るい空間となった。

玄関を入って真っ先に目に入るゆとりのある階段。
玄関には簡単な目隠しでたっぷりとした収納を作った。
階段奥には夫婦の寝室が見える。

アプローチの動線に変化をつけて、来客時に適度な遮蔽効果をもたらす

すっきりとした外観。
通行人や隣人などからの視線が気にならないよう、2階窓の位置を高めに設定。
アプローチまわりには実のなる木々を植栽。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

谷村 茂

建築家 / @愛知県

「百薬の長」であるお酒がおいしくいただける空間にしたいですね。 休日に遠出をしなくなり、家で過ごす時間が増えたというクライアントの声を聞くとやはり家がいいのだなとうれしくなります。 床暖房はクリーンで安全で快適ですが、自分はアウトドア派なので手間がかかりちょっと面倒だけど、薪ストーブの炎に癒されます。