注文住宅

室内温室が楽しい!!土間テラスのある家

内容:

丘陵地帯の林間傾斜地に建つ住宅です。
森の空気を感じて眺望を楽しみたい!!そしてガーデニングを思い切り楽しみたい!!
・・・そんな楽しい毎日を過ごせる住宅を作りたい・・・このようなご相談を戴き土地探しから家づくりが始まりました。
土地が見つかった時・・・その土地に立った時・・・私は次のような提案をしようと思いました。
部屋を組み合わせるような住宅でなく、大気から空気を切り取ってその大空間の中で暮らせる住宅。それはきっと森の空気と呼応して外部に同化できるような暮らし方が楽しめる!!・・・と思いました。
そして3つの空間を提案しました。
1.居ながらにして林の木々と空が眺められる天井の高いリビングキッチンの室内生活スペース。
2.室内スペースに続く、家の中と外の中間のスペース・・・・室内温室がある明るいインナー土間テラス。
靴を履いたまま庭仕事の合間にもくつろげる室内縁側のような土間テラスです。
訪ねてきた方も気軽に話が弾んでしまうような緑一杯の楽しい土間テラスです。
3.斜面に突き出た三角型デッキバルコニー。
森の空気をしっかり感じることが出来る山の斜面に突き出たアウトドアデッキです。
実は・・・この敷地には大きな山桜の木があります。眺望を楽しめる最適なお花見展望台でもあるのです。
アプローチガーデンの斜面にはさらに桜の木を5本。そしてツツジやカルミア・芝桜など沢山苗木を植えました。4~5年後にはビックリするようなお花の斜面となることでしょう。
(撮影時期の異なる画像が混載しております。(3月~6月) 木々の葉の付き方、情景が異なりますがご了承下さい)

インナーテラス

玄関を入るとすぐ横に温室土間のインナーテラスがあります。家の中でバーベキューも出来る土間テラスです。
気軽に靴のままくつろけ゜る縁側感覚を現代住宅に再現した楽しい場所です。アウトドアデッキ側に列植した季節の草花が目を楽しませます。
リビングとインナー土間テラスは斜面に沿ってやく1mの段差があります。リビングからの眺望をさえぎらず気持ちの良い広がりを演出します。

キャッツウォークからの見下ろし

吹き抜け周囲にはキャッツウォークが巡らしてあり、窓ふきも心配有りません。

吹き抜けに面した2階洗面カウンター

二階の各人の個室の前には吹き抜けに面して洗面カウンターがあります。朝の洗面は狭い洗面所より朝日に向かった吹き抜けに面したこの洗面ーナーが気持ち良いのです。

手すりが本棚になっている2階廊下

二階廊下の手摺りは本棚になっています。
上部はロフト階のキャッツウォークです。そして写真では見え隠れとなっていますが、吹き抜けの一番高いところに換気用サッシと室温度により作動するサーモセンサー付換気扇がレイアウトされています。
私が目指すものは「明るい民家」のような住宅。その昔、わらぶき屋根の民家の一番高いところに煙出しの換気口がありました。それ故、囲炉裏やかまどで火をたいても暮らせたわけです。この換気の良さは何物にも替えがたい健康住宅の秘訣です。

大きな三角トップライトのあるバスルーム

外から見られることはありませんので透明のペアガラスのトップライトです。木々を見上げてのバスタイムはなかなかのものと好評です。

スロープ正面から見た玄関前のアプローチ

突き当たりにはキンカンの木を植えました。小さな黄色の実が目を楽しませてくれるでしょう。

外観

枕木200本。ミカゲの階段敷石300枚を担ぎ上げてアプローチガーデンを作りました。木々がもう少し育つと楽しい散策アプローチとなります。