注文住宅

千種の家

面積:

158㎡

内容:

震災の経験から絶対丈夫なものを…とのご要望。(南隣地に家がせまっていることで、光を取り入れるのに中庭を作ることから出発しました。)
中庭をつくってどの部屋からも庭が見えます。奥様の好きなミモザが植えられてシンボルツリーに。大きく育つのが楽しみです。中庭があることで、家が開放的に明るくなります。
老後も無理なく暮らせるように、階段をゆるくしたり、納戸は将来エレベーターに変えることも考慮しています。

この住宅事例を手掛けた建築家

辻 ちづる

建築家 / @兵庫県

住まいは人生を豊かにするべきものと思います。 気持ちよく暮らせることが大切。 生活を楽しめる空間, 人と人がきちんとふれあえる空間, を、おしゃれにセンス良く。 生活は十人十色。住まいも十人十色。 あなただけの住まいがあるはずです。 設計とは建物という形だけでなく、生活を含めた全てを創造するものと考えています。きちんと生活を把握できなければいいものなど提案できないと思っています。 納得いくまでの充分な話し合いは本当に大切です。出来ること、出来ないこと、優先順位etcきちんと整理して設計していきます。 なにより大切なのはお互い信頼しあえる関係をもつことです。 なかなか短時間で信頼関係をつくりあげるのは難しいことではありますが、この設計者なら…と思っていただくことが第一歩と心しております。 住まいを創るということは、時間的にも精神的にも(経済的にも…)大変ですが、楽しみもやりがいもいっぱいあります。 一緒に家創りを楽しみながら頑張りましょう。

辻 ちづるさんの住宅事例

辻 ちづるさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード