注文住宅

立体的につながる京町家

実施時期:

2012年6月竣工

内容:

間口2間(3.6m)の鰻の寝床状敷地。
可能な限り、広がりのある住まいを実現するために、
1階のダイニングキッチンと中2階の和室、2階のリビングを1室としている。

「立体的につながる京町家」の屋上。
狭小地の敷地いっぱいに建物を建てたために確保できなかった庭を
屋上に設けています。

「立体的につながる京町家」のサニタリー。

「立体的につながる京町家」のリビング。
カウンターは、書斎スペースとして、ベンチとして、収納として、
多機能な役割を果たしています。

「立体的につながる京町家」のダイニングキッチン。
吹抜を通じてリビングとつながります。

「立体的につながる京町家」の和室。
半上階のリビングと、半下階のダイニングキッチンをつなぎます。

「立体的につながる京町家」の夕景。

「立体的につながる京町家」の外観。

この住宅事例を手掛けた建築家

藤井 将

建築家 / @東京都

住まいに対する考え方、求めるモノは十人十色。 住まいづくりはクライアントと建築家のコラボレーション。 クライアントの生活スタイルにフィットする建築を求めて、じっくりコミュニケーションをとりながら、楽しく住まいを作っていきましょう。

藤井 将さんの住宅事例

藤井 将さんのそのほかの住宅事例