戸建リフォーム・リノベーション

信濃町の家

エリア:

東京都

実施時期:

2009

内容:

約1年前に購入された築35年の住宅を全面改修するプロジェクトである。閑静な住宅街にあるが、前面道路が私道の2項道路であるため道幅が非常に狭い敷地である。住宅は一時期1階2階を別々の賃貸として使用していた経緯があり、建坪わずか約8坪の住宅に玄関扉が二つ存在するという奇妙な形となっている。また、住宅を購入した際には、2階に上がるのにわざわざ一度外へ出て上がるという非常に使い勝手の悪い住宅となっていた。そこで、階段のある側面の壁を抜きそこから内部で2階への動線を確保していたが、非常に急な段差があり、生活には非常に問題のある住宅となっている。また、2階には全く必要のないキッチンがあり、限られたスペースにキッチン・トイレ・電気メタ-・ガスメーター・TV引込等々それぞれ2つ存在し、全く不要なものとなっている。建物もメンテナンスを随分していないのであちこちに問題が生じていた。そこで、1階には土間を設置し、その土間から連続して対面式キッチンを配置。玄関ホールを中心に限られたスペースながら広がり感を持たせている。ダイニングリビングは土間から45cm上がった部分に計画し、キッチンからの視線の高さを揃えている。また、堀こたつを設置し床座の生活にも対応できるように計画している。キッチン前にも同様の堀こたつ形状のカウンターを設置した。リビングダイニングに連続して狭いながらバリアフリーのデッキテラスを計画し、そのデッキと連続して浴室からも見える坪庭も計画している。2階は当面ワンルームとして使用し、子供の成長に伴って可動収納と可動壁で部屋を間仕切れるように計画している。2階にも、バリアフリーのデッキテラスを設置し、木のルーバー囲うことによってプライバシーも配慮している。外部はエントランスの前に同様にルーバーを設置し、防犯面にも考慮している。その意匠が建物をより引き立たせている。

(有)中尾英己建築設計事務所

設計は、打ち合せやヒアリングをじっくりと行いその内容を理解し、いかに展開するかであると考えます。造形美や機能美のみにとどまらず、楽しみを感じられる場や空間が建物の中にいくつも存在する、そんな建物を追求していこうと思っています。家づくりをはじめどの用途の建物でも、設計には様々な回答があり、答えは一つではありません。当社では使い勝手を含めた平面計画や『素材感』を大切に設計を行い、自己主張しすぎない『佇む』建築を創っていきたいと思っております。