マンションリフォーム・リノベーション

京都市I邸リノベ

実施エリア:

京都府京都市

実施時期:

2014.08 竣工

内容:

築32年のマンションの一室を別荘的な非日常の空間として利用するための

リノベーション事例です。

独特の表情を醸し出すちょうな仕上げの壁、経年変化により色の深みが増して

いくのが愉しみなブラックチェリーの床、空気感を大胆に変化させるモノトーン

の花柄を象った不織布など自然素材が持っている風合いを散りばめた異空間

に仕上げました。

設計に着手する前から飾ることが決まっていた抽象絵画は、ちょうな壁をバック

に納まっています。またその他壁面のいろいろな場所に飾られる絵画や部屋

の仕切りとして施された本棚などもインテリアの良いアクセントとなっています。

日常を忘れる空間からは、春になると見事な桜を眺めることができます。。

____________________________________

空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所

「用舎行蔵(ようしゃこうぞう)」とは論語に記されている一節です。 ここには「得られる機会に最大限の力を発揮する」という意味が込められています。 私達は、建築を志す者として、如何なる時も全力を持って、その土地でしか成し得 ない“夢”を建物・空間・形に昇華して行く一役を担いたいと考えております。 まずは夢をお聞かせください。夢の空間を一緒にたのしく造っていきましょう!