注文住宅

浜寺の家

実施エリア:

大阪府

内容:

将来の増築と家相を満足させることがクライアントからの要望。奥行きのある敷地のため、道路側から車庫、将来用空地、主屋と配置し玄関までのアプローチをゆったり確保している。車庫は緩やかな寄棟、主屋は片流れの屋根とし、道路側からの全体外観が保たれるよう考えている。

道路側外観

手前の車庫は緩やかな寄棟、奥の主屋は片流れの屋根とし、道路側からは両者が一体となってプロポーションとして安定するよう考えている。左官塗りの外壁の落ち着いた質感と屋根の軽快な雰囲気を併せ持った家としている。

階段

階段を踊り場から1階方向にみる。手すりは金物ではなく、木製の台座を製作して取り付けている。

和室

床はタタミ敷き、壁は漆喰塗り、天井はシナ合板貼り。隣接するLDKと違和感のないようあっさりとした和室としている。

LDK

裏庭から掃出し窓越しにLDKをみる。床はサクラフローリング、壁、天井は漆喰塗り。正面カウンター奥がキッチン。障子は片引きで、外に木製窓があり、デッキコートに出ることができる。左側の引き戸は和室に続く。

門扉

木製竪格子の門扉越しに玄関へのアプローチをみる。奥の平屋部分は和室で前面にデッキコートが設けられている。