注文住宅

I-house・RC+木造の大屋根の家

エリア:

東京都三鷹市

実施時期:

2010年

内容:

3方が開けた住宅地の一角に位置することから、街並みに馴染むように軒の高さをできるだけ低くおさえています。一方で室内は丸柱に持ち上げられた棟が空間の広がりを生んでいます。
1階は鉄筋コンクリート造とし、外部は打ち放し仕上げ、2階は木造で外部は杉板張り。

この住宅事例を手掛けた建築家

宮田恵実

建築家 / @東京都

住まいは生活の器です。 その器の中での日々のくらしの一コマ一コマが楽しく美しく感じられること。 素材の持ち味を活かし、光と風と緑を感じる、時間に耐える力強い空間のかたちであること。 そうして、住まう人や街行く人に末永く愛されるような家を提案していきたいと考えています。