東綾瀬の家 (螺旋階段を中心とした空間)

螺旋階段を中心とした空間

photo;seiichi ohsawa

東綾瀬の家 (すりガラスで目隠しを)

すりガラスで目隠しを

photo;seiichi ohsawa

東綾瀬の家 (開放的なリビング)

開放的なリビング

photo;seiichi ohsawa

東綾瀬の家 (ウッドデッキテラスと繋がるベッドルーム)

ウッドデッキテラスと繋がるベッドルーム

photo;seiichi ohsawa

東綾瀬の家 (洋室)

洋室

photo;seiichi ohsawa

東綾瀬の家 (大きな窓のあるバスルーム)

大きな窓のあるバスルーム

photo;seiichi ohsawa

東綾瀬の家 (白いコンパクトな外観)

白いコンパクトな外観

photo;seiichi ohsawa

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

東京都足立区

延床面積

133㎡

Concept
既存住宅の建替えの計画です。6人の家族が限られた敷地面積の中に暮らすためのテーマは2つの ”距離感”です。1つは家族の距離感。螺旋階段を中心としてレベルごとに空間を直接つなげる ことにより、空間は曖昧に分節され、家族の距離感をほどよいものとします。家族それぞれの 居場所を確保しながら、互いの気配が感じられることで建物全体が一体の空間としてまとめら れています。もう1つは街との距離感。敷地の隅に”スキマ”(庭)を設けることにより光と風を 住戸内に取り入れるとともに街との関係も直接的ではない、ほどよい距離感とします。それぞれ の距離感をどう保ち、どう関係づけるかを提案しています。
Data
用  途 ;二世帯住宅
家族構成 ;両親+夫婦+子供2人
階数構造 ;地上3階,鉄骨造
敷地面積 ;83.19㎡  (25.16坪)
建築面積 ;49.28㎡   (14.91坪)
延床面積 ;133.33㎡  (40.33坪)
工程工期 ;設計12ヶ月/工事10ヶ月
プロデュース ;ザ・ハウス
施工会社 ;成幸建設
photo ;seiichi ohsawa
■ 掲載雑誌
掲載雑誌 ;100人と考えたベストな間取り大集合
;理想のスタイルがわかる住まいの外観
;すまいの設計 11/1・2号

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

田井勝馬

田井勝馬

田井勝馬は高級住宅や集合住宅、別荘・ヴィラ、医院併設住宅、企業オフィスなど、中規模かつ上質な建築設計に確かな実績を持つ日本の建築家です。横浜を拠点としながら日本中の高級住宅地域・別荘地・景勝地に建築実績があり、受賞建築も多数。豪華なだけの「豪邸」ではない、建て主様のライフスタイル・住まい方を重視した建築設計を行っています。 土地が決まっていない方でもふさわしい土地探しからサポートする体制を整えております。デザイナーズ住宅、建築家による設計建築をご検討の方はまずはお気軽にお電話などでご相談ください。ウェブサイトからもお問い合わせを承っております。

所在地

神奈川県横浜市中区山下町1番地シルクセンタービル 2F 202号室

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

田井勝馬さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

田井勝馬

建築家 / @神奈川県