海外からの輸入サッシが、全体をより一層英国のイメージに近づけています。とても品が良いですね。

注文住宅

ザ・英国

ザ・英国 (アイランド型キッチン)

アイランド型キッチン

ザ・英国 (ダイニングから階段を見る)

ダイニングから階段を見る

ザ・英国 (居間から和室を見る)

居間から和室を見る

ザ・英国 (和室)

和室

腰壁、塗り壁、ヘリなしタタミ。 現在は子育て空間、将来は多目的に。

ザ・英国 (1階リビング)

1階リビング

こちらはカントリースタイルで、落ち着きを重視。

ザ・英国 (キッチン)

キッチン

アイランド型輸入キッチン。 朝の忙しいときに、センターアイランドはモーニングテーブルに早変わり。デザインと機能の両立。

ザ・英国 (2階から階段を見下ろす)

2階から階段を見下ろす

ザ・英国 (スピンドル階段とラウンドサッシ)

スピンドル階段とラウンドサッシ

ザ・英国 (階段室)

階段室

踊り場付近の照明詳細。

ザ・英国 (メインダイニングルーム)

メインダイニングルーム

ラグジュアリーと田舎的なものの融合

ザ・英国 (2階ホール)

2階ホール

現在は広い2階ホールです。お子様の成長に合わせ、将来2つに仕切れます。

ザ・英国 (2階寝室)

2階寝室

ワンポイントクロス

ザ・英国 (2階洋室)

2階洋室

輸入住宅の定番、アルミクラッド・ハーフラウンドサッシ、輸入壁紙、無垢のモールディングなどが、お部屋の雰囲気を盛り上げます。

ザ・英国 (エントランス側外観)

エントランス側外観

ザ・英国 (雨の日の夕景)

雨の日の夕景

通気工法の塗り壁を採用しています。 サッシはペラ(アメリカ)

ザ・英国 (バルコニー)

バルコニー

2階ルーフバルコニー

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
7

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

茨城県牛久市

費用

設計・施工:3800万円

延床面積

174㎡

階数

3階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:7ヶ月 、施工:7.5ヶ月

奥様が留学されていたイギリスの片田舎をイメージして、全体のデザイン計画がなされました。
クラシックなインテリアデザインに、全館空調設備など最新の設備やアイテムが融合しています。クラフトマンシップによってつくられたキッチンキャビネットやサッシなどアメリカから直輸入されている一方、キッチンの機器などはメンテナンスを考慮に入れて、国産の設備を採用しています。
時がたてば経つほどその味わい深い空間がご家族を包み込むように、細心の注意を払いディテール設計を行っております。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
7

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小堺文彦

小堺文彦

手造り感あふれる建築材料と、クラフトマンシップにあふれる専門職人の協力を経て製作する、魅惑の世界。 じっくりと丁寧に作り上げていきます。

所在地

茨城県守谷市松ケ丘6-3-6

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小堺文彦さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

小堺文彦

建築家 / @茨城県