注文住宅

屯田の家

実施エリア:

北海道札幌市

延床面積:

129平米

内容:

西側の公園へ向かって流れる勾配屋根。その傾きに応じた高さで段状の床を設定し、庭に覆い被さるような斜め天井が、やや見下ろす角度で外部への視界を絞り込んでいる。内部から庭へ、庭から公園へのつながりを、建築の断面で制御する狙いである。1階居間を地面から高く持ち上げることで、敷地境界の塀を越えて水平面での広がりを確保している。冬になると、この床高でも落雪の処理で少々苦労するが、公園を利用する人も無く塀も雪で埋もれてしまうため、住み手は剪定の行き届いた見事な木立と、広大な芝生の庭を手にすることになる。半階上がって寝室に立つと、斜め天井により視線を伏角へ誘導し、庭と公園の芝生が目に飛び込んでくる仕掛けである。
屯田の家では、土地購入の決め手になった「隣が公園」という利点を活かし、クライアントの「屋根裏部屋への憧れ」を目標に掲げ、同時に「床下暖房パッシブ換気システム」の採用を試みた。それらが片流れの単純な形態に収束すると考えたからである。床下暖房パッシブ換気システムとは、1階の床下に放熱器を集中させ、給気の予熱を行い、室内を暖気が上昇し、建物頂部から排気しながら、再び床下へと循環する希釈換気方式。寒冷地の内外温度差による浮力を利用した、ファン動力に頼らない換気が可能である。暖められた空気は、斜め天井に沿って上りながら徐々に熱を失い、2階床の根太間を水流のように移動して1階に流れ落ち、床下の冷たい外気と混ざる・・・・・・外部の緑を取り込みながら立体的に交差する視線の中で、熱と空気の移動がそろりそろりと確実に行われている。