マンションリノベーション

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (LDK全体)

LDK全体

パーケット貼りのフローリング、ネイビーのタイルとドア、ステンレスのキッチン。A様こだわりのアイテムが詰まったLDKです。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (LDK全体)

LDK全体

個室との間仕切りをガラス扉にすることで、開放感のある空間となりました。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (LDK全体)

LDK全体

コンクリート躯体現しの天井は重たい印象になりがちですが、個室との間仕切りをガラス扉にすることでそれぞれの素材感がおしゃれに組み合わさり、開放的な空間演出になりました。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (天井)

天井

天井はコンクリートの躯体現し仕上げ。 なぜか割箸の袋がめり込んでいることを発見し、残しても面白いのではと、そのままにしました。予想外の発見や驚きがあるのもリノベーションの面白いところです。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (キッチン)

キッチン

壁付けのステンレスキッチン。 正面の壁は、格好良さが際立つこだわりのサブウェイタイルです。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (キッチン)

キッチン

シンプルなステンレスの壁付けキッチン。 ネイビーのタイルととてもよく合っています。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (バスルーム)

バスルーム

タイル貼りで仕上げた在来浴室。 白一色で揃えながらも、壁と床は別形状のタイルにすることで単調にならないよう工夫しました。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (バスルーム)

バスルーム

廊下側にガラスブロックの窓を設置。 白いタイル貼りの壁とよく合う、オシャレな一工夫です。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (洗面室)

洗面室

バスルームと同じタイルで仕上げた洗面室。 間仕切りも扉もガラス製にすることで一つの空間のような繋がり感が演出でき、より空間を広く感じます。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (トイレ)

トイレ

洗面、バスルームと色違いの床タイル仕上げ。 手洗い器や壁の色合いが、レトロにまとまっています。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (トイレ)

トイレ

この可愛らしい風船は、実は照明器具。 細部にまで遊びゴコロとこだわりを取り入れました。

「割り箸の袋」まで許容した(?)遊びゴコロが自慢です~A様邸~ (クローゼット)

クローゼット

クローゼットの中は、鮮やかなブルー。 LDKとは一味違うアクセントです。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, プロデュース・コーディネート, インテリア

用途

自宅

居住者

その他

所在地

東京都荒川区

費用

設計・施工:非公開

延床面積

73.67㎡

施工面積

73.67㎡

改修規模

フルリノベーション (フルスケルトン リノベーション)

間取り

3LDK → 1LDK

築年数

39年

期間

設計:6ヶ月 、施工:3ヶ月

完成時期

2018年08月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

施主のA様が、このマンションを選んだ決め手は「リノベーションしやすそうな大きさと形状」でした。

A様は具体的な空間イメージをお持ちだったので、それを実現できるよう、色や素材、全体のバランスのご提案をさせていただきました。そのため、細部にまでこだわりが散りばめられています。

お客様とショールームをまわってマテリアルの一つ一つを探しながら、一緒に部屋を造りあげるという関係性を築けたことに、喜びを感じています。

この事例の見どころや工夫したところ

洗面室と浴室にはサブウェイセラミックというタイルを貼っています。サブウェイタイルとは、アメリカの地下鉄が開業したときから駅構内の壁に用いられているタイルです。「サブウェイタイル」という名前は、サブウェイセラミックス社がつくったことから由来になったそうです。 白い長方形のタイルを交互に並べた姿は海外の雰囲気にもなり、水回りの印象を引き締めてくれます。デザイン性の高い、浴室の水栓やシャワーもいいアクセントになっています。

浴室は在来工法で造りました。最近ではユニットバスを導入することが多いですが、在来工法(それぞれ部屋の形状や空間に合わせた浴室を作成)にすることで、よりデザイン・選択の幅を広げることができ、壁面にガラスブロックで明かり取りを作ったり同じタイルを貼って洗面室と一体感を出すこともできます。
※在来工法はユニットバスよりも、高額になることや水漏れの心配などの注意点もございます。

印象に残っていること

既存の室内を解体した時には、天井のコンクリートになぜか「割箸の袋」がめり込んでいることを発見(!)し、A様と相談。A様の「残しても面白いのでは」という遊びゴコロで、そのままにしています。予想外の発見や驚きがあるのも、リノベーションの面白いところですね。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

対応業務

リノベーション (マンション)

所在地

東京都港区北青山3-6-23

対応エリア

埼玉県 / 東京都 / 神奈川県 / 愛知県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 福岡県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

株式会社クロニクルさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

株式会社クロニクル

リノベーション会社 / @東京都