注文住宅

アキシマのいえ

面積:

89㎡

エリア:

東京都昭島市

内容:

Concept / 設計主旨
本計画地は東京郊外にありかつての商店街終端に位置している。交通量と通行者数が比較的に多い道路より1m程度高い位置にあり、敷地の南側には敷地境界線近くまで隣家が建っている。中庭をもつ平屋の建物を地面から浮かせた高い場所に計画することにより採光、通風、周囲環境との関係性を快適な生活を送れるよう努めて設計を進めてきた住宅である。
Planning / 平面計画
クライアントの要望であるフラットな住まいと周囲環境を考慮して計画した。
□閉じた外周の壁・開いた中庭の壁
敷地に沿った形状の台形で周囲に対して閉じた外周の壁となるアウトラインを決定して、そこに敷地と反対向きの台形をした開いた中庭の壁を挿入し外に閉じ内に開く形を計画する。
□広い場所と狭い場所
対称に近い台形を組み合わせたことにより狭い場所と広い場所が出来る。そこに空間の特性にあわせた各スペースをバランスよく配置する。
□ぐるっとまわれるプラン
中庭にそって回遊できるフラットなプランとすることにより中庭もふくめた大きな平面を手にいれる。
最後に外周を閉じた壁に風・光・眺めなどを考慮して慎重に開口を配置した。

用途:専用住宅
延床面積:89.01㎡
構造:S造+木造 1階

この住宅事例を手掛けた建築家

小林進一

建築家 / @東京都

小林進一さんの住宅事例