注文住宅

te to te

面積:

121㎡

費用:

2500万円

エリア:

茨城県

実施時期:

2016年3月

内容:

茨城県龍ヶ崎市内の閑静な住宅街に建つ
ご夫婦と保育園に通う女の子の3人家族のお住まいです。



敷地北面は、ご主人のご実家の敷地で(近居ですね)
東面は敷地とは高低差のある里道をはさんで、林が広がり、
南面も隣地から距離があり、プライベート感が保てるので
外部とのつながりのある計画を、それぞれの面で意図しています。



それとは逆に、西面の前面道路からは、窓のないファサードを計画。
手前に芝生の空間や、ゆったりとしたアプローチがあるので
圧迫感は感じさせません。



建物は3つの箱の組合せとなっていて
西面ファサードから、「玄関のある平屋(1階建て)」、
中央の、「階段室と個室群と水回りのある2階建て」、
西面ファサードからは隠れていますが、東側にある
「勾配屋根でLDKのある平屋(1階建て)」、
で構成されています。



建物タイトルの、” te to te ” ですが
3つの箱で構成されているイメージからつけました。
(玄関棟 + 個室棟 + LDK棟)
te + to + te



玄関を入り、
2層吹抜けの解放感のある階段室を通って
LDKへ。



異なった特徴のある空間が展開していく、
心地よいリズム感があります。



「手と手」をつなぐように
空間が、自然と繋がっていくような
また
住まう家族も、自然と繋がっていくような。



隣地のご実家のご家族と、
外部に広がる豊かな自然と、
そしてなにより
住まうご家族同士が
これから末永く、手と手を取り合い過ごしていけることを願って。



やさしくって
ちょっと心弾むような
楽しい響きのある ” te to te ”
という住まいが誕生しました。

シンプルで機能的な洗面空間。
よく使うタオルはオープンな棚に配置して、使い勝手よく。
白でシンプルながらも個性的なタイルを貼って
水の飛び散りやすい個所は、掃除しやすく。
洗面手洗器は、こだわって選んだもの。
カウンター収納と鏡収納は、使い勝手に合わせて作った
造作家具。

吹抜けの階段室とつながった広々玄関。
玄関脇には、3畳のシューズインクローゼットが隣接。
間接照明で演出した玄関収納の
カウンター上には、季節の植物や、雑貨や小物を飾って演出。

ステンレス天板のシステムキッチンを
カウンター付きの造作壁でくるんで
個性的なタイルを貼ったアイランドキッチン。
カウンター高さは低めに抑えて、家族の会話がはずむように。
キッチン背面は、大容量の収納を。

ワンルームのLDK空間。
天井は勾配天井で、開放的。
プライベート感のある芝生敷きの庭に出られる、大きな掃出し窓が
南面にあり、明るい空間。
ウォールナットのフローリングに
デニムのようなインディゴブルーのソファ、オークのダイニングセットが
マッチしています。

ワンルームのLDK空間。
天井は勾配天井で、開放的。
プライベート感のある芝生敷きの庭に出られる、大きな掃出し窓が
南面にあり、明るい空間。

一部ガラス貼りの玄関。
内部には、間接照明で演出した玄関収納。

白い外観をライトアップして
奥行感のあるエントランスに。

白い外観をライトアップして、
奥行感のあるエントランスに。

江ヶ崎雅代

2児の母である女性建築家が主宰する一級建築士事務所です。 子育て世代の悩みや感覚に寄り添いながら、「こども」をテーマにした建築づくり・空間づくりを行っています。 すまいづくりは、住まい手の家族像をカタチにすることです。 家族が想い描くたくさんのシーンを語っていただきながら、 きめ細やかなデザインを積み上げていきます。 また子育てを応援する場 '' e do salon '' というチャイルドケアを学ぶ教室も開いています。セミナー等もご相談ください。

この専門家のプロジェクト一覧