注文住宅

タガイ/チガイ

タガイ/チガイ (道路側・西外観)

道路側・西外観

西、道路側外観。全体は4つの帯で構成されている。 西日を避けて、また道路側なので防犯の意味でも開口は最小限にしているが、塀で閉じてしまわずに、杉板を塗装した外壁と樹木で、柔らかく街に接している。

タガイ/チガイ (南側外観)

南側外観

南側隣地から見る。庭に面した南側・東側には凹凸のある面に、内部にあわせさまざまなサイズの窓がある。

タガイ/チガイ (リビング吹抜け)

リビング吹抜け

吹抜からの見下ろし ほぼ全ての場所が間仕切なしで繋がる

タガイ/チガイ (リビング・ダイニング)

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング。和室にそのまま繋がる 子ども達が、必ずリビングを通ってから2Fに行くように、というクライアントの希望で、階段は家の真ん中に降りてくる。座ったりものをかけたり、家具のようにも使われている。

タガイ/チガイ (和室からリビングを見る)

和室からリビングを見る

リビング・ダイニング部分と和室は、階段と細いスチールの柱で緩くゾーニングされています。 天井までの引き戸はT字型にはいっていてリビングと、また和室を2つに仕切ることもでき、客間にもなります。

タガイ/チガイ (リビング・ダイニング)

リビング・ダイニング

床に直接座る形の低い、大きなダイニングテーブルは、当初からのクライアントの希望で、一緒に探しました。こどもたちはここで宿題もします。床暖房をいれているので、吹抜があるスペースですが、生活ゾーンは冬も暖かく快適です。大きな開口と、ウッドデッキで庭と繋がります。

タガイ/チガイ (2Fライブラリ)

2Fライブラリ

2Fライブラリーゾーン  3人の子供達の絵本や玩具は、共用のものも多く個室に置く必要はない。1Fリビングと吹抜でつながった2Fの手摺にあたる部分をぐるりと本棚とし、家族皆のライブラリとした

タガイ/チガイ (2Fライブラリ)

2Fライブラリ

タガイ/チガイ (2Fライブラリ)

2Fライブラリ

2Fライブラリーゾーン。 奥の左右のアルコーブが子供達個々のスペース(上にはロフト)。 3人の子供達の絵本や玩具は、共用のものも多い。1Fリビングと吹抜でつながった2Fの手摺にあたる部分をぐるりと本棚とし、家族皆のライブラリとした

タガイ/チガイ (2Fアルコーブ)

2Fアルコーブ

壁の色は、それぞれ子供達が選んだ色。はしごを上がるとロフト。

タガイ/チガイ (2Fユーティリティ・寝室)

2Fユーティリティ・寝室

キッチンから上がれる2Fユーティリティ。奥は寝室

タガイ/チガイ (ユーティリティからキッチンを見る)

ユーティリティからキッチンを見る

洗面側からユーティリティを通して、モザイクタイルの貼られたキッチンを見る。 左は家族の人数分のそれぞれの衣類が収まる造付棚。各個室ではなく浴室脇のこちらにまとめてあることで、洗濯後の収納の手間も減り、合理的。 右側は階段下を棚として活用。食料品のストック、瓶なども様々なサイズの棚に収まる。

タガイ/チガイ (浴室)

浴室

数少ない具体的なクライアントの希望のひとつが、黒い大きめの浴槽で、それにあわせ黒いタイルと白い壁のモノトーンの浴室とした。窓から眺められる鮮やかな庭の緑が引き立つ。

タガイ/チガイ (南西側から見る)

南西側から見る

南西側からの外観。道路側西面は閉じているが、凹凸した側面、そして南の庭側には開口部をとる。

タガイ/チガイ (庭側外観)

庭側外観

庭側からの外観 4つの帯で縦と横に張り分けられた杉板は、2つのバルコニーも包み、居心地良い場所のひとつに。和室の前には小さいながら縁側を、またリビング前にはデッキをとって庭と繋いでいる。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

埼玉県

延床面積

169㎡

階数

2階建て

期間

設計:9ヶ月 、施工:5.5ヶ月

間取り

家づくりのきっかけ・施主の要望

設計段階での家族構成は、ご夫妻と3人の小学生のお子さん。が、クライアント曰く「子供達は18歳で出て行くかもしれないし、30までいるかもしれない。今は隣に住むばあちゃん達2人も、一緒に住むかもしれないし、そのままかもしれない」が「最終的に夫婦2人で7LDKに住む、という状態にはなりたくない」…もっともです。

そこで、目指したのは「いびつなワンルーム」。寝室と子供部屋3つ を並べる代わりに、リビングを中心に全部がひとつながりの空き地のような、ただしデコボコとしたスペースを準備しました。

この事例の見どころや工夫したところ

・全体は、4つの帯でできています。隣り合う帯を、平面的/断面的、内と外とに「タガイチガイ」にずらすことで、空気的には繋がり、気配は感じつつも姿は見えない隅が出来、性質の異なる領域が生まれます。
・4つのうち、3つの帯の端は小さな塔となっていて、その上のロフトは各子供の基地です。アルコーブ状の最小限の基地から、ライブラリ、階段、 リビング、和室、 テラス、縁側と、性質を変えながら間 仕切なしに連続する家族共有のスペースを、子供たちは、その時々で選び、飛び地のように占領します。
例えば学校で、教室の自分の 席の他に、校庭のある樹の下や、図書室の窓際の席など、お気に入りの場所があったように、住宅だけれども、その時々で家族の各メンバー が、陣取る場所と互いの距離を選べることを考えました。

Photo: Masao Nishikawa

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

山岸綾

山岸綾

竣工したてが美しい住宅よりも、住まわれて使われて、時には家族の変化にあわせて手をいれ育つような建築を、場所と住まい手の方とコラボレーションしながら、一緒に作りたいと考えています。 敷地の特徴や、リノベーションであれば元々の建物の素敵なところ、そしてクライアントそれぞれに違う住まい方の、最初は曖昧な輪郭を楽しみながら一緒に探り、形にしていけたら嬉しいです。

所在地

東京都渋谷区神宮前1-10-34-105

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

山岸綾さんのそのほかの住宅事例

W邸

マンションリノベーション・リフォーム

83㎡

Green Wall

マンションリノベーション・リフォーム

50万円 / 59㎡

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

山岸綾

建築家 / @東京都