注文住宅

伊勢市 Y邸

面積:

178㎡

費用:

1600万円

エリア:

三重県伊勢市

内容:

雑誌を見てわざわざ三重県の伊勢市から上京して訪ねて来られました。Y氏は伊勢市駅前で美容院を営む若き経営者です。家族は若夫婦、子供二人と百歳を超えるお祖母さんの五人家族です。
Y氏は住宅やインテリアのデザインに関してはプロ顔負けで、相当に勉強されてておられます。私と同じ年代ということもあって、お互い感覚的に理解し易く、あうんの呼吸で設計が進みました。
当時の作品で、最も気に入っている住宅です。工事は地元の工務店にお願いし、月一回くらいのペースで足を運びました。照明器具・建築金物・家具などは山本氏が自分で探し、支給するという形を取っています。
敷地が南北に長いため、平面はL字型をベースとして、一階リビングにガラスブロックでR面を構成し、ALC版とR面との融合させ柔らかさを図っています。四十畳ほどある大きなリビングは、ゆったりとして明るく柔らかい日差しに包まれ、お年寄りにも喜ばれています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

樋 口 修

建築家 / @東京都

住まいの設計で一番大事にしていることは、空間のフレキシビリティ(自由度)です。将来の家族の変化に対して自由に対応することができる,地震に強い丈夫な家づくりを目指しています。ビルに使用される重量鉄骨を柱や梁等の骨組みに使用することで、地震に強く40帖程の広いオープンスペースが容易に確保出来ます。床・壁・屋根はALC版(発泡軽量コンクリート)で覆うことにより高性能の住空間が得られます。25年前に建てたI邸のCM方式の実験住宅以降、120棟の実績になりました