注文住宅

犬山の家

実施エリア:

愛知県

内容:

現代の町家
犬山城へ続く本町通に面して建っています。以前は都市計画道路のために、道路からセットバックして建物が建っていました。其の計画道路が廃止されて、今度は道路に面して城下町にふさわしい顔作りが求められました。道路に面した駐車場の配置はそのままに、二階を道路までせり出させて、顔作りをしています。格子戸の奥、駐車場スペースからは表の顔とは打って変わってモダンな表情を見せていますが、これは施主の希望によるものです。敷地いっぱいに建物を有効に使うために、木造と鉄骨造を組み合わせています。木造では耐力壁が必要になりますが、鉄骨フレームにすることで、耐力壁をなくすことができました。二階のリビングダイニングは、キッチンも含めてすっきりとワンルームでつながっております。
また、駐車場の上まで建物をせり出させることによって、食堂の奥に空間ができました。町家では光の取り入れ方が課題になるのですが、ここではルーフテラスから光が注ぎ込んできます。そして、気持ちのよいバスコートにもなりました。

家族構成
40代の夫婦二人と子ども二人の四人家族