注文住宅

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅)

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (子世帯のリビング(キッチンより望む))

子世帯のリビング(キッチンより望む)

屋根勾配に合わせて天井の高くした2階、子世帯のリビング・ダイニングとキッチンです。 写真右手、この空間への入口部分は天井を低くして、その上にロフトを設けています。 正面の階段はこのロフトにつながると共に、ルーフテラスへもつながります。 右手の廊下の先は洋室やトイレ、突き当たりのクロゼットとつなげています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (南側外観)

南側外観

敷地は北側が道路、南側は芝生畑が広がる敷地ですので、エントランスや駐車・駐輪スペースは北面に、南面には各諸室が面するようにしています。 建て主さんのご希望から外壁の色は群青色をベースとして、その他の色は黒とグレーのモノトーン色を組み合わせた構成としています。 若干凹凸のある平面計画ではありますが、屋根はできるだけシンプルにすべく、 基本的には切妻屋根、一部を陸屋根(テラス)とした家です。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (道路側の外観)

道路側の外観

この地域は高い目隠し塀を設けることができない区域に指定されています。 とはいえ、一般的な化粧ブロック積みの上にアルミフェンスを載せるというのは避けたかったことから、写真のような黒い支柱によるスリットスクリーン状の囲障としたものです。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (玄関ポーチ(親世帯・子世帯))

玄関ポーチ(親世帯・子世帯)

アプローチから正面奥が親世帯の玄関、右手に子世帯の玄関を設けています。 双方の玄関扉上部には、玄関ポーチが建物の北側であっても薄暗い場所にならないように、透明なガラス製の庇を設け、各世帯の玄関をひとつの庇でつなぐようにしました。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (親世帯の玄関)

親世帯の玄関

玄関の床は、アプローチから連続する34センチ角のタイル貼。 玄関の上がり框とはほとんど段差のない形態としています。 玄関には室内側から受け取ることができるポストボックスの他、 さまざまな収納物に対応する大きな壁面収納を設けています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (リビング(1階、親世帯))

リビング(1階、親世帯)

1階の親世帯のリビングは、寝室の引戸を開放(右手に格納)するとリビング と一体的なスペースとなります。 写真はその寝室入口部からリビング越しに南庭を見たものです。 1階リビング廻りの床材は、やや赤味があるアメリカンブラックチェリー材。 全ての木部はこの色に合わせたオイルステイン塗りとしています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (リビング・ダイニング(1階、親世帯))

リビング・ダイニング(1階、親世帯)

ダイニングからリビングを見通した写真です。 リビングの右手は寝室、奥は水廻りと親御さんの部屋と続きます。 親世帯のリビングダイニングは南庭に大きく面するように東西方向に長い形状としました。 カーテンボックスの上には間接照明を設け、柔らかな光に包まれる場としています。 正面は造付けのTV台+飾り棚+吊り戸棚+エアコン・スピーカー格納棚です。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (リビング・ダイニング(キッチンより望む))

リビング・ダイニング(キッチンより望む)

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (親御さんの部屋(1階))

親御さんの部屋(1階)

ご高齢の親御さんの部屋は家の奥の最も静かな場所にしました。 トイレや洗面所、浴室と隣接した位置とし、木製天井による落ち着いたインテリアとしました。 写真は部屋の南面を見たものです。 床の仕上はリビング等と同じアメリカンブラックチェリー(床暖用)、 壁はオガファーザー(再生紙)貼の上デュブロン(自然塗料)塗、天井はタモ練付け合板にオイルステイン塗です。 また、照明はリビング同様、カーテンボックスの上部には間接照明による柔らかな光の他、調光可能なシーリングライトを設けた部屋としています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (親御さんの部屋(1階))

親御さんの部屋(1階)

部屋の北側の望む。 正面左手は押入れ、右手は立位で使用する為の仏壇棚、下部の引出しは仏具他の収納場所としています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (桧板貼りの浴室(1階、親世帯))

桧板貼りの浴室(1階、親世帯)

「浴室は桧の内装で」というご要望を受け、足元廻りは掃除のしやすいハーフユニットを使用し、壁から天井廻りはその裏に通気層を設けて、仕上材は桧の小巾板貼とした浴室です。 浴室は通常2面に窓を設けるようにしていますが、自然換気だけでカビが生えないようにするために有効な手段であるためです。 窓の高さを変えたり、壁の隅に寄せて開口部を設けるのも換気効率を良くする為であり、また、同じ大きさの窓であってもそうすることで明るい室内をつくり出すことができるためのものです。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (玄関(子世帯用))

玄関(子世帯用)

親世帯の玄関と同様に、三和土とほぼフラットに仕上げ、 さまざまな収納に対応できるようにした玄関です。 右手の収納棚の手間には郵便受けの機能を付加、正面の棚には飾り棚、小物置き場のしての機能を付加させました。 上がり框はタモの無垢材にフローリングの草木染色に合わせた色のオイルステインで仕上げました。 正面の奥は2階の住まいへの階段室、左奥の扉は階段下収納室の入口扉です。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (リビング、ダイニング(2階、子世帯))

リビング、ダイニング(2階、子世帯)

リビングへの入口部から部屋の南面を望む。 リビングの入口部分の天井は低く抑え、その上部にロフトを設けています。 ここが低い天井であるため、リビングの吹抜け部がより一層高い天井で広がりのある空間として感じることができるようにしました。 床はタモの複合フローリング(床暖用)、草木染めによる独特な色合いのものです。 壁はカルクウォール(漆喰)塗で仕上げています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (リビング、ダイニング、キッチン(2階、子世帯))

リビング、ダイニング、キッチン(2階、子世帯)

キッチンの前から部屋の西面を望む。 右手上部はロフト。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (リビング、ダイニング、キッチン(2階、子世帯))

リビング、ダイニング、キッチン(2階、子世帯)

部屋の東面の写真です。 正面は造付けのテレビ台。 右手はペニンシュラ型のキッチンです。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (キッチン(2階、子世帯))

キッチン(2階、子世帯)

キッチンはペニンシュラタイプ。 バックカウンターは内装に合わせて造付けとして製作しました。 リビングダイニングと一体的な空間ですが、壁はキッチンパネル貼としています。 キッチンの前方と後方の窓から光が入り、自然な換気が可能なキッチンです。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (ロフト(子世帯))

ロフト(子世帯)

リビングの一部や廊下、トイレ等の上部に設けたロフトです。 切妻屋根の頂部にあたる部分に設けたものです。 床は桧材の無垢板貼です。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (廊下(2階、子世帯))

廊下(2階、子世帯)

リビングと各諸室・水廻りをつなぐ廊下です。 壁はリビングと同じ白い漆喰塗り、床は草木染めのタモフローリングです。 建具の枠は生活していく中で最もキズがつきやすく痛みやすい所ですので、 全て無垢板材で造っています。 中廊下ですが明るく清潔感のある場所としています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (洋室(2階、子世帯))

洋室(2階、子世帯)

将来2室に分けることができるようにした洋室は東西方向に長くすることで、2室に仕切った際にも、双方の部屋が南面する配置としました。 あらかじめ2ヶ所の出入口と各出入口脇のクロゼットを設け、照明スイッチ等も分けてつくりました。 バルコニー付の洋室です。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (玄関アプローチ(夕景))

玄関アプローチ(夕景)

2世帯共用の玄関前のアプローチとポーチです。 表札はLED照明内蔵のものをタイマーで点灯のコントロールができるようにしています。

大泉の家(大きなロフトとルーフテラスのある2世帯住宅) (南側外観(夕景))

南側外観(夕景)

芝生畑越しに建物の南面を望む。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

東京都

費用

設計・施工:5000万円(設計監理費用含まず)

敷地面積

156㎡

延床面積

151.3㎡

階数

2階建て

間取り

2LDK

期間

設計:8ヶ月 、施工:9ヶ月

完成時期

2018年07月

施工会社

山崎工務店

練馬区大泉の住宅地に建つ2世帯住宅です。

南に芝生畑が広がり、接道が北側という敷地に、
新たな2世帯住宅としての建替えを行った家です。

1階はご両親とその親御さんの住まい、2階は子世帯という2世帯・4世代の住宅で、2世帯住宅としてはオーソドックスといえる構成の住まいです。

大きなロフトを設ける為、法的な制約が厳しい地域ではありますが、さまざまな手続きを経て実現した住宅です。

家づくりのきっかけ・施主の要望

「しっかりとした基本性能の家」
「1階はご高齢のお母様の部屋の近くに水回りを設けること」
「2階は広いロフトとルーフバルコニーを設けること」
といったご要望を受けた住宅です。

この事例の見どころや工夫したところ

床や造作材は無垢板、その他内装材は漆喰、自然塗料、タイルといった自然素材を多く使用した家です。

他の家と同様、既製品や石油化学製品の使用を極力少なくすることで
「これからの長い月日を共に過ごすことができる味わいと暖かみのある建築」
となることを期待した住まいです。

また、ご要望は多岐にわたると同時に、大きな吹き抜けやロフト、屋上のテラス等、
坪単価では見えにくい部分に費用がかかる計画にあって限られた予算を有効に使うため、
形態的(=木構造)にも仕上面(屋根や外壁ボリューム)でもシンプルで合理的なものとする事を意図した住宅です。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

中川龍吾

中川龍吾

大泉学園の家のリビング

所在地

東京都練馬区関町南4-8-13

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中川龍吾さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

中川龍吾

建築家 / @東京都