注文住宅

夏目坂の家

エリア:

東京都新宿区

実施時期:

2006年

内容:

建坪約15坪の狭小住宅です。壁や天井をほんの少し傾けることにより余分な線が整理され、合理的かつチョット不思議な空間が生まれます。また、昨今の住宅は照明が明るすぎると思います。影と質感を浮かび上がらせることに主眼を置いた、このくらいでどうでしょうか。

宮田聡夫 / 牧島哲郎

この世に同じ空間はひとつもありません。これから作る建築も、どこにもまだない空間です。 まだ見ぬ空間の可能性は無限にあります。と同時にその可能性を制限する条件も無数にあります。 建築を考えると言うことは、今まで気付かなかった自分の可能性を発見する機会であったりもします。 もう一度、今までの価値観を見直してみることから始めてみませんか。今までに見たことのない風景が見えてくるかもしれません。 建築を作るという事は、そういうところから始まるものだと思います。