天野の家/リノベーション (居間から台所をみる)

居間から台所をみる

撮影: 星野裕也

天野の家/リノベーション (居間から台所を見る)

居間から台所を見る

撮影: 星野裕也

天野の家/リノベーション (居間のR天井)

居間のR天井

撮影: 星野裕也

天野の家/リノベーション (ポーチ)

ポーチ

撮影: 星野裕也

天野の家/リノベーション (玄関)

玄関

撮影: 星野裕也

天野の家/リノベーション (道路から建物をみる)

道路から建物をみる

撮影: 星野裕也

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

新潟県新潟市江南区天野

改修規模

部分リノベーション・リフォーム

南側の空き地に家が建ち、居間が暗くなった子ども部屋が物置部屋になっていて、掃除や手入れが大変、とにかく寒い。
耐風や強い風の時、揺れて怖い。床がギシギシと鳴く。
愛着がありながらも、日々感じている住まいに対する不安や不満。
それらを解決しながら、家族を包み込むような優しい空間にならないかを考え、設計を進めました。

■減築/小屋梁の再利用
耐震診断の調査時に、 2階の 4部屋の内、 2部屋は増築されていることが分かりました。 子育てが終了し、物置部屋になっていたため、その部分を減築することにしました。 つまり建築当初の大きさに戻るということです。
2階を減築すると、耐震性が上がります。なおかつ、お手入れするスペースも減るので一石二鳥です。
その減築した部分の小屋梁を、一階の柱を抜いて補強が必要になったところに再利用しました。

■東側から採光をとり、水廻りを移動する。
空き地だった南側に、近接して家が建ったため、居間が暗くなりました。
東側の建物と建物のスキマから光が入るように開口をとりました。また北西側にあった水廻りを南西の角に移動し、サニタリーを広く設けています。西日で洗濯物がよく乾きます。

■耐震性と断熱性能の強化
鋼製建具をすべて取り換え、断熱材も入れなおし、居住の快適性を格段に向上させました。既存の柱を出来るだけ残し、耐力壁を増やします。
セメント瓦を撤去し、ガルバリウム鋼板葺きの軽い屋根に変更しました。
また解体時、水廻りと浴室のあたりに多く見られた蟻害のある柱や土台を交換しました。

撮影: 星野裕也

リノベーション前の写真

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

加藤淳 一級建築士事務所

加藤淳 一級建築士事務所

住まう家族にとっての快適さと、建築としての可能性を追求する。

所在地

新潟県新潟市中央区関屋大川前2-3-10

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

加藤淳 一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード