注文住宅

和小屋の家~大工のこだわりを活かした住まい

実施エリア:

栃木県佐野市堀米町

実施時期:

2007年5月~2009年5月

内容:

大工のこだわりを活かした住まい

和小屋にこだわり、家族との団欒形態にこだわり、素材感や手洗の器までこだわった。
建主様と大工の腕を生かした手作り感ある住宅です。
外観や平面プランは半年以上かけて練り込んで、小屋の組み方まで詳細に設計確認行われました。
照明計画も十分配慮してあるので、照明の点灯の仕方によって、色々な表情が楽しめます。

家族の中心であるリビングダイニングは、中心に大きく配置し、和小屋と無垢板の床、壁は漆喰仕上げになっており、心地よい空間です。
天井部分に和小屋が見える箇所は、下屋の部分です。

平面計画上、リビングは南北に長い部屋になってしまったので、天窓を設けてあります。その天窓からは光が広がり、家族の食卓を艶やかにすることでしょう。

外観は基本的には大屋根ながら、3つのリズムある屋根がつづき、陰影のついた深みのある表情になってます。

敷地面積:264.47㎡
建築面積:90.17㎡
延べ面積:136.54㎡

工事請負:小野工務店 佐野市