戸建リノベーション・リフォーム

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (道路側外観)

道路側外観

道路からの視線を遮る目隠し板がアクセントの外観

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (ソト土間)

ソト土間

東の道路側にソト土間2.6坪を最小限増築。そこはこの家の入口でもあり、ご主人の喫煙場所も兼ねながら、道路側からの光と風を室内の奥までたっぷりと取り込む屋外空間。目隠し板により道路側からの視線を遮りプライバシーを確保しながら、その奥のウチ土間とも繋がり室内空間までも開放的にしてくれます。

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (ウチ土間)

ウチ土間

ソト土間と繋がる場所でこの家のリビング。ソト土間の植栽を眺めながらくつろげる土間空間。

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (ダイニングスペース)

ダイニングスペース

2階の一部屋を撤去し吹き抜けとすることで南側上部から光と風を、屋根にトップライトを設けることで北側からの自然光を、それぞれ1階まで招き入れました。この吹き抜けは2階のプライベートスペースとも繋がることで家全体を一つの空間にし家族の気配を伝えます。

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (吹き抜けのあるダイニング)

吹き抜けのあるダイニング

2階の一部屋を撤去し吹き抜けとすることで南側上部から光と風を、屋根にトップライトを設けることで北側からの自然光を、それぞれ1階まで招き入れました。この吹き抜けは2階のプライベートスペースとも繋がることで家全体を一つの空間にし家族の気配を伝えます。陽が当たらず寒い住まいは、明るく開放的な住まいに生まれ変わりました。

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (ダイニング・キッチン)

ダイニング・キッチン

この家の中心にあるキッチンはお子さんの様子も一目瞭然です。吹き抜けからは家族の気配も伝わってきます。

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (吹き抜けからの見下ろし)

吹き抜けからの見下ろし

奥のウチ土間とダイニングの見下ろし風景

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (吹き抜けに面したベッドルーム)

吹き抜けに面したベッドルーム

吹き抜けに面した小窓の向こうがベッドルーム

両親が建てた家をリノベして住み継ぐ|Sumire house (新旧の太鼓梁の競演)

新旧の太鼓梁の競演

小屋裏に隠れていた既存の梁と新規に取り付けた梁

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

群馬県太田市

延床面積

114㎡

施工面積

114㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (和室だけ当時のまま残しその他をすべてリノベーション)

階数

2階建て

間取り

4LDK以上 → 3LDK

築年数

17年

完成時期

2018年07月

間取り

リノベーション前

亡き両親が建てた2001年築の在来木造2階建て住宅。
クライアントからの要望は、陽当たりが悪く冬寒い・階段が上がりにくい・タバコが吸える場所の確保…などなど。基本的には建築当時のこの家の存在を極力消さずに新たに住み継ぐという考え方で双方の意見が一致し設計作業が始まりました。
東の道路側にソト土間2.6坪を最小限増築。そこはこの家の入口でもあり、ご主人の喫煙場所も兼ねながら、道路側からの光と風を室内の奥までたっぷりと取り込む屋外空間。目隠し板により道路側からの視線を遮りプライバシーを確保しながら、その奥のウチ土間とも繋がり室内空間までも開放的にしてくれます。
2階の一部屋を撤去し吹き抜けとすることで南側上部から光と風を、屋根にトップライトを設けることで北側からの自然光を、それぞれ1階まで招き入れました。この吹き抜けは2階のプライベートスペースとも繋がることで家全体を一つの空間にし家族の気配を伝えます。陽が当たらず寒い住まいは、明るく開放的な住まいに生まれ変わりました。
1階の和室は当時のままの状態で残すことでこの家の大切な記憶となっています。その他の内装仕上げは、既存のフラット天井を撤去することで建築当時の杉板張りの屋根裏を見せながら高さを確保し空間を更に豊かにしています。古い天井裏からは当時の大工さんの手仕事の跡や太鼓梁が現れました。吹き抜けにバランスよく並んだ2本の太鼓梁はまさに新旧の競演。柱の欠き込み跡は壁があったことの証としてそのまま残します。壁材は針葉樹合板で強度を補いつつそのまま化粧をせずに見せています。経年変化した建築当時の天井材と、無塗装の新しい壁材の今後の経年変化を楽しみながら暮らす。新旧の素材を感じることで、今までの記憶とこれからの未来が融合し家族を優しく包み込む家です。

家づくりのきっかけ・施主の要望

クライアントからの要望は、陽当たりが悪く冬寒い・階段が上がりにくい・タバコが吸える場所の確保…などなど。基本的には建築当時のこの家の存在を極力消さずに新たに住み継ぐという考え方で双方の意見が一致し設計作業が始まりました。

この事例の見どころや工夫したところ

2階の一部屋を撤去し吹き抜けとすることで南側上部から光と風を、屋根にトップライトを設けることで北側からの自然光を、それぞれ1階まで招き入れました。この吹き抜けは2階のプライベートスペースとも繋がることで家全体を一つの空間にし家族の気配を伝えます。陽が当たらず寒い住まいは、明るく開放的な住まいに生まれ変わりました。

施主の感想

明るく開放的な住まいに変化し生活も一変したようです。ソト土間はご主人はもとより、BBQにも使ったり家族にも大変喜んでいただいてます。

事例の進み方

毎週のように打ち合わせをしました。硬い打ち合わせでは疲れてしまうのでざっくばらんにいろいろなことを双方で話し合いました。なるべく多く打ち合わせすることは意思疎通の一番大切なことです。もちろん楽しみながら。そうすることでベストなものが生まれます。

印象に残っていること

打ち合わせする中で椅子や照明の話が何度も出ました。どんな椅子にしようか?どんなでデザインがいいのか?などなど。そのうちにご主人は工事前から事前に準備を始め、引っ越しの時にはいくつものかっこいい椅子たちが並びました。こういう話も大切ですねぇ。家具などのインテリアについても常に一緒に考えています。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小磯一雄|KAZ建築研究室

小磯一雄|KAZ建築研究室

現在、家は「つくる」時代から「買う」時代になってしまいました。ですが、敷地条件・家族構成・住まい方・住み手の感性は皆それぞれ違います。ですから本来は皆違う個性の家になるはずです。家に合わせて住まわされるのではなく、住み手に合った家に住むことが大切だと思います。また、良い条件の敷地を選ばなくても(高価になるので)、建物側でいくらでもカバーできますからその分を家づくりに充てるという考え方もあります。とにかく、周囲の蔓延した情報に惑わされずに、住まいに対する既成概念を取り払い、自分たちには何が必要なのか?どう住まうのか?という原点に戻って、これからのライフスタイルをイメージしてください。せっかく自分たちの大切な住まいをつくるのですから!

所在地

群馬県館林市堀工町963-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小磯一雄|KAZ建築研究室さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード